ろく先生の辛口起業論

起業5年目、29歳、世界中に生徒を持つパティシエYouTuber。世の中の起業ブームに物申す。起業はゴールじゃない、ただの手段だ。

偽名活動、顔出しせずにビジネス?笑わせるな!だからお前は稼げないんだよ!

いつまでも稼げない

ビジネス始めたのに、なかなか売上が伸びない

やりたい気持ちはあるけど、熱が続かない

 

 

 

そんなあなた

 

 

はっきり言いましょう

 

 

 

 

あなたには覚悟がない

あなたには器がない

人としての器が小さい

 

 

 

 

人間としての器が小さい人は

お金も人も、寄ってこない

 

だって受け入れられるキャパが小さいから

 

 

集客ができない?

違う、あなたの器が小さいだけ

 

 

お金が稼げない?

違う、あなたの器が小さいだけ

 

 

 

 

いつも先頭を走ってて輝いている人って

 

ものすごい数の賞賛と

ものすごい数の批判を

受け入れている

 

 

 

 

 

 

時代の先駆者ってのはいつもそうだ

 

あのスティーブジョブズだってそう

 

 

 

まだ社会が見たことも聞いたこともないものを

世の中のためになるものを創る

 

 

そのために会社を立ち上げた

 

 

しかし、彼は理解されなかった

 

 

 

自分が集めた仲間に反対され

自分の会社を追い出された

 

 

でも、彼はくじけなかった

 

彼は信念を貫き通した

 

 

 

まだ見たことのない未来を創造すること

自分の夢を諦めなかった

 

彼は、自分自身を裏切らなかった

彼は、自分との約束を守った

 

 

 

 

 

そうしてこの世に

 

iPhoneが生まれた

 

 

 

 

 

 

批判と賞賛は同じ数だけある

 

はじめは批判だらけかもしれない

 

 

でもどうだろう

 

 

あなたはこのブログ、何で見ている?

きっと多くのユーザーがiPhoneだろう

 

 

このiPhoneで世界中のどれだけの人が救われた?

 

 

 

たった一人の人間が決めた覚悟

貫き通した信念

それがものすごい社会貢献となっているじゃないか

 

 

 

 

理解されなかったかもしれないが

信じた者も大勢いる

 

そして救われた者はもっと大勢いる

 

 

 

 

 

 

 

いつだって先駆者は変わり者だ

理解されない

 

いつも人とは違う行動を取るし

 

みんながやらないことを率先してやる

 

危険な道だって平気で渡る

 

 

普通の人が見たら、ただ危なっかしいだけだろう

 

 

 

 

でも彼の目には眩しい未来が見えている

 

 

今にも崩れそうな橋の向こう側には

 

誰も見たことのないオアシスがある

 

 

 

直感でわかっているのだ

 

 

 

 

それを信じてついてこれた者だけがオアシスに辿りつける

 

 

 

途中で橋が崩れるかもしれない

途中で獣に会うかもしれない

 

 

 

それでもいい

傷つくことがあるのは重々承知だ

 

オアシスに行くって決めたんだから

何が何でもやり遂げる

 

 

 

 

一度決めたことを曲げないこと

信念を貫き徹すこと

これが先頭を走る者の極意だ

 

 

 

きっと後ろを着いて行く人はこういうだろう

「なんでこんな道ばっかり」「危ないからやめよう!」

 

しかし注意しても無駄だ

 

 

 

 

未来を生きる人間に

今を見ることはできない

 

 

 

自転車だってそうだろう

車だってそう

 

遠くを見て運転するから進むのだ

 

真下ばかり見ていては前に進まない

 

 

 

未来を創造する

未来を生きる

 

 

それは自分を信じて、信念を貫き通すこと

 

たくさんの仲間を引き連れて引っ張って行くリーダー

あなたには、その覚悟があるだろうか?

 

 

仲間が傷ついて「お前のせいだ!」と言っても

前に進み続ける覚悟はあるだろうか

 

 

 

仲間が傷つかないように

まずは自分でチャレンジすること

 

 

先頭に立って、火の輪をくぐり続けること

あなたにはできるだろうか?

 

 

 

 

それがリーダーだ

先駆者だ

そしてそれこそが

 

 

人間の器だ

 

 

 

 

出来ないのなら、引っ込んでいてほしい

 

 

 

 

先駆者やリーダーはいつだってそう

 

自分が傷つく覚悟で前に進み

後ろを信じてついてきてくれる仲間に

少しでも利益が出るように

 

信じて

 

信じて

 

 

やり続けている

 

 

 

 

例え、理解されなくても

 

例え、反対されても

 

 

 

 

自分と仲間だけは

 

絶対に

 

絶対に裏切らない!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その覚悟と想いの総量が

あなたという人間の器の大きさになる

 

 

つまりビジネスでうまく行く人

集客ができて、自分で稼ぐことができる人である

器の大きさが、集められる人の数とお金の数だ

 

 

 

 

 

 

 

人にどう思われるかな?

 

周りの人がやってないし、やめとこうかな

 

もし、何かあった時に責任取りたくないし

 

 

 

 

 

そんな人にリーダーはできない

 

時代を切り開く先駆者、リーダーは好んで責任を取りに行く

 

だからこそ、まだ誰も味わったことのない

 

たことも聞いたこともない幸せを

 

いち早く仲間に届けられるのである

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスを偽名で活動している人

顔出しせずに他人にやってもらっている人を批判しているわけじゃないが

 

 

そういう人は結局二番煎じだ

 

 

一番にはなれない

 

 

 

 

 

逃げも隠れもしていない人が稼げているのは当然だ

 

 

 

だって、覚悟の量が違う

 

人間としての器が違う

 

 

 

 

コソコソしている連中

 

自分の損得ばかり考えている連中

 

そんな人、誰がついて行きたいと思う?

 

 

 

 

稼ぎたい、ビジネスうまくいきたい

お金ほしい、集客できるようになりたい

 

 

 

そう願うのなら覚悟をしなさい

 

 

 

後ろ指刺されてもいい覚悟

仲間を面倒見る覚悟

先頭を切って歩み続ける覚悟

 

 

 

できないのなら、もう諦めなさい

 

そういう人はリーダーの後ろを黙ってついていけばいい

 

 

 

先頭を歩く勇気がないのに

リーダーになる覚悟がないのに

口出すことは禁止です

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブジョブズが亡くなって5年

 

彼は死んでもなお、私たちに影響を与え

 

iPhoneという素晴らしい財産を残していきました

 

 

 

私もそんな人でありたい

 

 

 

きっと彼と同じ運命であろうことは

とっくの昔に覚悟できている

 

 

新しいものが大好きで

この世にないサービスを創るのが好きで

誰もがやらないことを率先してやる

 

 

理解されない

批判される

責任だらけの人生

 

ミスは許されない

 

 

 

 

それでもいい

 

私が時代を切り開く

 

 

 

 

私は私を裏切らない

 

そう決めたんだから

 

 

誰に何を言われようとも

 

信じたことを貫き通す

 

 

 

自分に嘘つくなんて死んだ方がマシだ!!

 

 

 

 

 

 

 

ついてこれる人だけ、ついて来たらいい

 

文句があるんなら、ついて来なくていい

 

 

 

 

その代わり

 

一生指くわえて見てろ

 

いいな

 

 

 

 

 

 

自分と仲間は絶対に裏切らない!!

 

 

例え他人に裏切られようとも、また別の道を考えればいい

 

全ては自己責任だ

 

 

 

それがリーダーであり先駆者である

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20171018143524j:plain

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

 

 

だからパンピーは嫌いなんだよ!お金を払った方が上、ドヤ顔の客に商売してはいけない理由

無料モニター募集!

 

無料セミナー開催!

 

人気のワンコインレッスン!

 

 

 

 

世の中には安くてサービスを受けられるものがたくさん存在する

 

そして多くの人は

 

「安い方がいいに決まってる」「お得な方がいい」

 

これが常識だと思っている

 

 

 

 

もし、あなたにもその感覚があったら正直相当危ない

 

 

なぜなら

 

 

安いものは質が悪い

 

 

からである

 

 

 

 

この「質が悪い」というのは「物」ではなく「客」だ

 

そう「客質が悪い」のである

 

 

 

 

例えばあなたが

 

 

無料セミナーや格安のイベントを開催するとしよう

 

 

 

・ちょっと道が混んでて〜、大幅な遅刻

・子供が熱出して〜、急なドタキャン

・キイテナイヨ!勝手に人数が減る、増える

・絶対行くからね〜、と言って来ない。行く行く詐欺

・一回きりで絶対に継続しない食い逃げ同然の客

 

 

 

こういうことがある

 

 

無料&格安は

自己中レベル100の最悪な客しか来ない

 

 

もう商売あがったりである

 

それに懲りて

ある程度、金額をあげたとしよう

そうすると、こうなる

 

 

 

・私◯◯なので、◯◯できません。どうすればいいですか

・事前に◯◯をした方が私はいいと思います。

・調べたところ◯◯って書いてあったんですけど、どうなんですか。私は◯◯だと思います。

 

 

 

以上私の質問にお答えください

以上私のアドバイス通りおこなってください

 

など

 

とにかく我を通す人が多い!

 

 

 

イベント中、セミナー中ならまだしも

終わったあと、親しい関係でもないのに

会ったこともないのに

 

ガンガン聞きまくる

ガンガン要望を言う

 

 

 

 

そんな人の心の中はこうだ

 

 

 

お金を払った方が上

お金を払ったら何でも望みを叶えてくれる

だってお客様は神様です

そうでしょ?

 

 

 

 

世の中は自分中心で回っていて

サービスを受けさせてもらったことに

その出会い自体に感謝をすること

ご縁に感謝ができていないのだ

 

 

 

 

だって、お金払って買ったんだから

私がどう使おうと、どう言おうと、何をしようと

別にいいでしょ??

 

 

自己中レベル80である

 

 

 

 

 

 

 

ではさらに値段を上げたとしよう

 

高額のセミナー

高額のイベントはこうなる

 

 

 

・開始30分前には必ず到着

・手土産、お礼の手紙などを持参している

・事前にある程度、学習してから来ている

・忘れ物などあり得ない

・言われたことを守る

・相手を尊重する、常に感謝をする

 

 

 

 

思いやりレベル100の

素晴らしいお客様が来てくださる

 

 

 

 

私はさらにここの裏技を追加する

 

それは

 

 

「少し無理めな宿題を出すこと」

 

 

これをクリアしないと参加できない条件をつける

 

 

 

 

例えば

 

・募集期間や人数を少なくする

・事前レポート提出してもらう

・終了後に感想文を提出してもらう

・重たいノートパソコンを持参してもらう

・さらにイベント中セミナー中に、いきなり問題を提出

 

など条件を足すことによって

さらに客質が絞られる

 

 

これにNoという人は自然と脱落して行く

Yesと言える、言われたことを守る人は

いいお客様でもあり、もしかしてビジネスパートナーになるかもしれない

 

 

 

 

 

このように金額によって

来てくださるお客様の質は大きく変わるため

 

主催者側は適当にセミナーやイベントをしてはいけない

 

 

どんな人に来て欲しいかを明確にして

その人が払うであろう金額を設定する

さらにそこに参加条件を追加する

 

 

 

こうすることで

自分も相手も心地よい関係を築ける

 

 

 

 

 

 

 

安い金額で無理して商売することはない

人数を集めた方が勝ちでもない

 

 

大事なのは「質」だ

 

 

 

 

SNSで大盛況っぷりを自慢するのが

果たしてセミナー講師、イベント主催者側の役目だろうか

違う、そうじゃない

 

 

 

 

 

私たちの役目は

 

 

適正な価格で

素晴らしいサービスを提供し

お客様に満足していただくこと

 

 

さらには

 

 

お客様の人生まで変えてしまうこと

 

 

 

自己満足度★★★★★

 

ではなく

 

お客様満足度★★★★★

 

なのである

 

 

 

フォーカスすべきは自分ではなくお客様

お客様の心なのである

 

 

 

 

 

そう、私たちはお金を頂いているのではない

 

お客様の時間(時給)を頂いているのだ

 

 

 

500円で参加する人は

自分の時給が500円の人間だ

 

 

一万円で参加する人は

自分の時給が一万円の人間だ

 

 

 

500円の人間と一万円の人間

あなたはどちらの人にサービスを提供したいだろうか?

 

 

 

 

 

自分の価値が高い人間、時給が高い人間に

最高のサービスを提供することが

セミナー講師、イベント主催者として

満足のいく結果に繋がる

 

 

 

 

あなたは路上ライブで500円ばかり集めていないだろうか?

 

ギターケースにお金を投げられる、それでいいのか?

 

 

お金は紙幣で

お金は手渡しで欲しくないだろうか?

 

 

 

 

 

あなたの価値は、あなたが決める

 

 

 

 

 

間違った金額設定をしないように

ぜひ心がけて欲しい

 

 

 

 

 

そして全てはお客様の幸せのために行動して欲しい

 

きっと何か違った形で

 

あなたの元へ還ってくるから

 

 

 

 

 

地位も名誉もいらない

 

欲しいのは、あなたの笑顔

 

あなたの幸せが、私の幸せなのだから

 

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20171010134749j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

 

 

 

暴露します。食品偽造をしていました。そのあと、私は、、、

白状します

 

私、食品偽造していました

 

 

超有名ホテルのパティシエ時代

1つ600円もするケーキ

1皿2000円もするデザート

 

 

上司の指示だったとはいえ、使ってはいけない材料でケーキを作り

 

それを一流だと嘘をつき、お客様からお金を頂いていました

 

 

ごめんなさい

 

 

 

最初は心を痛めたけれど、そのうち見て見ぬ振りをして

上司がやってることを注意ができなくて

 

 

ごめんなさい

 

 

 

そして、あの頃の私

 

毎日泣いて自分を責めていたね

嫌なこと我慢するの辛かったね

逃げてもいいよって、なかなか許してあげられなくて、ごめんね

 

 

 

 

 

 

仕事を我慢してやっている、そこのあなた

 

 

 

 

我慢は続けると、心も体も壊れます

信念を貫き通すこと、かっこいいかもしれませんが

時には逃げることも大事ですよ

 

 

 

今日はそんなお話をしたいと思います

 

 

 

 

私のパティシエになるまでの経緯を知らない方はこちらからどうぞ

 

rokusensei.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

20歳、

超有名ホテルにパティシエとして就職しました

 

半年後、人事異動で別の系列ホテルへ行くことに

 

 

 

見知らぬ土地、見知らぬ人、新しい上司、仲間

 

その職場ならではのルール

 

そこでは予想もしない出来事が待ってました、それは

 

 

 

 

 

 

食品偽造

 

 

 

 

 

バターと書かれたレシピ、しかし使っているのはマーガリン

 

マーガリンは海外では使用禁止、販売禁止もあるくらいで

 

もはや食べ物ではない、と認識されているものです

 

 

 

それが普通に使われている

 

 

 

発酵バター(高級バター)のレシピなのに

 

使うのは、ごく一般のバター

 

 

冷蔵庫のどこを探しても発酵バターは見当たらない

 

 

 

 

ケーキの値段、デザートの値段は前いたところと変わらない

 

なのに使ってるものが全然違う

 

 

 

 

食品偽造を平然と行い

お客様に「一流」として振舞っている

 

 

 

 

結婚式、記念日、久々の旅行

 

お客様は特別な日に来てくださっていて

 

もしかして、ここを利用するのは最初で最後かもしれない

 

 

 

 

人生の一大イベントの大切な食事

 

一流と嘘をつき、お客様の前で笑顔を振る舞う

 

しかし裏では海外では禁止とされているものを使い

 

最後に多額の請求をする

 

 

 

 

 

もう我慢の限界でした

 

いくら上司の指示でも、やっていいことと悪いことはある

 

 

 

 

ずっと小さい頃から夢見ていたパティシエになれたのに

 

親の反対を押し切って、学校の先生にも反対されて

 

それでも諦めずにやっと念願のパティシエになれたのに

 

 

 

 

私、一体、何をしているの?

なんのために、働いているの?

 

 

 

 

日に日に、心は病んでいきました

 

仕事が楽しくなくなり、ただ淡々とすぎる日々

 

笑うこと、夢見ることを忘れました

 

 

 

 

毎日暗い顔をしている私、上司が気にくわないのか

 

だんだん当たってくるようになりました

 

 

 

 

 

 

仕事ができない

 

お前の代わりはいくらでもいる

 

 

 

 

毎日暴言を吐かれ

 

物を投げられる、怪我をする

 

してもいないことをやったと言われる

 

全部が悪循環でした

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいの

 

私、もう、仕事やめたい

 

でも、念願のパティシエ

 

辞めたら、なんて思われる?

 

親に、どんな顔をすればいいの?

 

逃げたい

 

逃げたくない

 

もう嘘をつきたくない

 

誰に

 

お客様に

 

誰に

 

自分に

 

 

 

 

 

心が壊れたと同時に、体も壊れました

 

ドクターストップでした

 

 

 

 

 

仕事を辞める最後の日

 

自分の父くらいの年齢の上司5人に囲まれて質問攻めにされました

 

 

 

 

なぜ逃げるのか

 

お前は一生逃げ続ける

 

最低な人生になる

 

 

 

 

男性5人に囲まれ、その威圧感に

返す言葉はありませんでした

 

 

 

 

ごめんなさい

 

ごめんなさい

 

ごめんなさい

 

 

 

本当に、ご迷惑をおかけして

 

 

ごめんなさい

 

 

 

私なんか

 

生きてて

 

ごめんなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

心は

 

なくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉もなくなり

 

 

 

 

 

 

話すことが、できなくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから4年

 

たくさんのことを一つずつ乗り越えて

 

私は起業しました

 

 

 

 

冒頭の文章にも書きましたが

 

大切なことなのでもう一度あなたに伝えます

 

 

 

 

 

 

仕事を我慢してやっている、そこのあなた

 

 

 

 

我慢は続けると、心も体も壊れます

信念を貫き通すこと、かっこいいかもしれませんが

時には逃げることも大事ですよ

 

 

 

 

どうしても辛いことがあったら

 

全力で逃げろ

 

信念、プライド、肩書き、全てを捨てて逃げろ

 

 

 

 

大丈夫、また、何か絶対に手に入るから

 

 

私を信じて

 

 

 

 

大事なのはあなたがあなたで居続けることなのだから

 

我慢なんてしなくていいよ

 

 

 

 

もっと笑って

 

もっと楽しんでいこうよ

 

 

 

我慢してない?大丈夫?

 

嫌なことは嫌って言ってもいんだよ

 

大人だからって、我慢しなくていい

 

 

 

 

我慢して我慢して自分が壊れるくらいなら

 

全力で逃げろ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと自由に生きられる人が増えますように

 

応援しています

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20171005213550j:plain

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

私はあなたの犬になります、全力で媚びます。その代わり美味しい餌をください。

ビジネスを始めるとき、誰かに何かを教わる時

 

 

「私、◯◯ですけど、それでもいいですか?」

 

「僕は◯◯だと思うのですが、いかがでしょうか?」

 

 

お願いしておきながら、聞いておきながら

自分の主観や意見

こんなことを言ったことはありませんか?

 

 

 

新しいことを始める時

誰かに何かを教えてもらう時

思わず口に出そうになったとしても

 

絶対にこんなことを聞いてはいけません

 

 

 

 

自分がその道のプロだったらまだしも

素人がプロに習う際に、自分の意見や考えを言うなんて

図々しいにもほどがあります

 

 

 

 

頭が高い

 

そんな言葉がぴったりです

 

 

 

素人は素人らしく

言われたことを素直にやる

しかも素早くやる

 

実行力と行動力、これさえあれば

必ず成長しますし、成功もするでしょう

 

 

 

例えて言うならこんな感じです

 

 

「僕!野球選手になりたいんです!グローブ持ってないんですけど、大丈夫ですか?」

 

「僕はまずは素振りからだと思うんです!」

 

 

なんて話通用すると思いますか?

これが強豪校の野球部だったら?

 

 

いやいや、グローブだけじゃダメでしょ

バット持ってないと野球はできないよ

スマホだけじゃダメでしょ、パソコンないと仕事にならないよ)

 

 

そうは思いませんか?

 

 

 

話にならないですよね、

 

嫌われますよね、

 

帰れって言われますよね?

 

 

 

 

図々しいにも程がある

頭が高い

そもそも人に習う姿勢じゃない

こんな奴とは関わりたくない

 

 

 

あなたはこう思いませんか?

 

 

それと同時に、あなた自身こんな発言していませんか?

 

 

 

 

学校の部活動ならまだ学生ですし、仕方なく教えてくれるかもしれません

 

ですが考えてください

 

 

 

いい大人で、社会人だったら?

 

 

教える側の人間が、教えられる側の人間に

手取り足取り優しく一から教えるなんて

ありえますか?

 

 

 

義務教育でもない

家族でもない赤の他人

面倒をみる義理はない

 

 

 

お金を払ってるからなんでも聞いてもらえるなんて大間違いです

忙しい人は、一般人のために一から十まで手取り足取り教えてる暇はないのです

 

頑張ってついて行かないと見捨てられます

 

 

 

 

 

はっきり言います

 

 

少額投資の人ほどわがままで

多額投資の人ほど従順で素直

 

 

 

 

少額投資者ほど自我を通しわがままを言います

 

・お金を払ってるんだから〜すべき

・わざわざ時間作ってやってんだから〜して当然

・私は〜ないから、やりません

 

 

だったら来なくていい!やらなくていい!学ばなくていい!

 

 

「僕は走るの苦手なんでランニングしません」

 

「入部したんだから先生は一から僕を教えるべきです」

 

「塾の時間があるので練習は5時までにしてください」

 

 

 

どうですか?

こんな新入部員がいたら、あなたどう思いますか?

 

 

腹が立ちませんか?

何しにここに来たの?って思いませんか?

 

 

 

 

もう一度言います

 

 

 

それ、あなたも同じことやってませんか??

 

 

 

 

 

 

人に何かを習う時に有名な言葉で

 

守破離

 

というのがあります

 

 

読んで字のごとく

 

守って

破って

離れる

 

 

 

先生の教えを守って

従順に言われたことをきちっとやる

右向け右、先生が白といえば白、黒といえば黒

200パーセントのイエスマンになること

 

これができない人があまりにも多い

 

 

 

ど素人のくせに

せっかく先生がいるのに

学ばせてもらう環境があるのにも関わらず

 

 

「私は〜だと思います」「〜なので、できません」とか

 

 

教える価値なし!退場〜〜!!となりますね

 

 

 

野球部に入部して来たのに

 

グローブしか持ってない

好きなトレーニングしかしない

塾の時間に合わせろと文句を言う

 

もしあなたが監督だったらどう思いますか?

 

 

教える価値なし!退部〜〜〜!!ですよね

 

 

 

 

 

いいですか、人に何かを習う時の姿勢は

 

200パーセントイエスマン

言われたことをきちんと守るだけ

 

 

そこに余計なプライドや

自分の今までの価値観なんて一切いらないのです

 

 

自分を捨てられない人間は、一生成長できない

 

 

脱皮して成長する爬虫類のように

今あるものを全部捨てて来てください

 

 

 

それが守破離の守

 

 

これができて、成長して、自分の足で歩けるようになって

初めてルールを破る

 

これが守破離の破

 

 

そして最後に先生の元、恩師の元を離れて独立する

 

これが守破離の離

 

 

 

 

 

 

あなたに先生はいますか?

 

習いたい、始めたい、何かはありますか?

 

守破離のどのポジションにいますか?

 

 

 

 

どうしたら人生うまくいくか、成功するかがわかったと思います

 

 

 

しょーもないプライドは捨てて

言われたことを従順に素直に守ること

ただ本当にこれだけでいいのです

 

 

 

 

 

 

 

 

私は犬になれ、と言われたら犬になります

 

 

 

全力で媚びます

 

 

 

あなたに、その覚悟はありますか?

 

 

 

 

 

 

人に何かを教えてもらう=その人の時間を奪うこと

 

奪っておきながら、あなたは何も差し出さないのでしょうか

 

 

そんなの盗っ人と同じです

 

 

 

ありがとうも言わずに人からものをもらうこと、しませんよね?

 

そんな無愛想で可愛くない人は、教える方もうんざりしちゃいます

 

 

 

 

 

 

 

さぁあなたはどうしますか

 

 

素直に犬になるか

 

 

プライドにしがみついて一生貧乏なままか

 

 

 

 

 

お好きな方をお選び下さい

 

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20171002204021j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

 

ブラック企業でいじめにあってる人にアドバイスするのは無駄な行為です

 

ブラック企業に勤めています

会社でいじめにあっています

 

 

こういう人に軽々しく

 

仕事が辛いならやめればいい

あなたの価値はそんなもんなの?

我慢してまでしなくてもいいんじゃない?

 

こんなアドバイスをする人に物申す

 

 

 

 

こっちの事情もわからん奴が余計な口出しするな!

お前とは仕事に対する熱意が全然違うんだよ!

人にとやかく言う暇あったら、そのしょーもない仕事でもしときな!

 

 

そもそも、すごい人

聞かれてもないのにアドバイスすることは絶対にしません

 

 

 

もっと今に夢中になって、仕事してるよ

スマホなんか見てないから笑

 

 

 

 

ということで、ありがたく私に届く

全くためにならないお節介メッセージを元に

 

 

なぜ人は、仕事を辞められないか

いじめから抜け出せないか

 

 

こちらを超わかりやすく、解説したいと思います

 

これを読んで、辞められない人の心を理解されてください

そして、誰かに何か言う暇あったら

スマホなんか見てないで

社会のために仕事してくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は元パティシエです

 

小さい頃からお菓子作りが大好きで

お小遣い、お年玉、バイト代、全てお菓子作りに使ってきました

 

 

14歳の頃「パティシエになる」と母に告白したところ

 

「アホちゃう」と一撃ノックアウトされました

 

 

こう見えて内気だった私の初めての告白

結構、ショックでした。夢を否定されるとは思っていなかったので、、、

 

 

そして母の勧める通り

県内でも有名な進学校に進みます

 

 

 

1時間の授業は65分

赤点だって60点くらいが最低な時もあったし

生徒のほぼ100パーセントが大学進学

 

 

そんな学校で「パティシエになる」なんて言おうものなら

先生全員に止められます

 

 

 

しかし夢を捨て切れなかった、やっぱりパティシエになりたい

 

母と、担任の先生と、呼び出しされた校長先生に熱意を伝えて

当時、異例だった専門学校へ進みます

 

 

 

専門学校へ入学して2年間、たくさんのことを学びました

 

 

 

海外研修にも行きました

 

 

 

そして、当時世間で知らない人はいない

超有名ホテルへと就職が決まります

 

 

200人以上の応募がある中、通ったのはたった5名くらいでした

 

 

ようやく

ようやく

ようやく

 

夢が叶った!!

 

 

格通知が自宅に届いたとき、玄関で泣き崩れました

 

ずっと反対され続けていた夢が、やっと叶った

嬉しくて嬉しくて、死ぬ気で頑張ろうと思いました

 

 

 

そしていざ現場へ

 

 

指示もレシピも全てフランス語

何もかもできない、わからない自分に腹が立ちました

 

だから勉強しました

 

 

毎朝先輩より2時間早めに行って仕事の準備をして

なるべく早く仕事を覚える

 

仕事が終わったら2時間残業して、できなかった仕事の復習をする

 

 

毎日、予習、復習

 

 

 

仕事というより部活に近いですよね

 

 

でも、上達したいから

独立したい、将来店を持ちたいから

その夢のために頑張れるのです

 

 

 

そう、全ては「夢を実現させるため」

 

体がボロボロになろうとも

精神的に参ってしまっても

親から心配されても

 

 

大丈夫、大丈夫

そう言い聞かすしか方法はないのです

 

 

 

 

 

 

だって

 

仕事を適当にする、辞めるなんて

自分の今までの人生を否定することと同じだから

 

今まで積み上げてきた努力を

なかったことなんてできない

 

親に反対されて、先生に反対されてまで押し切った夢

お金もたくさん出してもらって応援してもらった夢

 

やっと手にした夢、そしてこれから手にしたい夢

 

だから絶対に諦めたくなかった

 

 

 

 

辛いなら、やめれば?

給料安すぎ、あなたはそんな価値なの?

 

 

軽々しくこうやって言ってくる人はごまんといた

 

 

 

でも、そんなあなたに言いたい

 

 

 

 

お金なんていらない

心も、体も犠牲にしてまで

熱くなれる、夢中になれる仕事をしていない

あなたの方がよっぽど可哀想

 

 

仕事に対する想いなんて人それぞれだから

私のことはほっといて

 

その代わり、将来成功して笑うのは私だから見てて

 

 

 

 

 

 

 

どれだけきつくても仕事を辞められない人の心はこうです

 

・真面目で完璧主義

・今まで一生懸命頑張ってきた努力家

・仕事を辞めると応援してくれた人に失礼

・親不孝だけはしたくない

・譲れない何かがある

・叶えたい夢がある

 

 

 

 

だから、辞められない

いや、辞めたくないのです

 

そう自分のため、

そして応援してくれた、みんなのために

 

そのためなら、きつくても耐えられる

いじめがあっても、乗り越えられる

 

 

他人にどう言われようとも

どう思われようとも関係ない

 

それくらい、仕事を愛している

 

 

 

 

 

仕事=愛なのです

 

 

 

一度愛してしまったら

もう元の私には戻れない

 

離れることは不可能なのです

 

 

 

 

あなたは、それくらい熱意を持って仕事に取り組んでいますか?

 

軽々しく「嫌ならやめれば?」って言ってないですか?

 

聞いてもいないのに、自分の価値観を押し付けるアドバイスしていないですか?

 

 

 

 

 

苦労して苦労してやっと手にしたもの

あなたはすぐに捨てられますか?

 

 

 

 

仕事を辞められない人は

何かしら、ものすごい努力をしています

 

根が真面目でNoとは言えない性格で

きっと仕事を辞めることで、誰かが迷惑する、悲しむと思うくらい

責任感がとても強い人です

 

 

 

 

 

だから食洗機で回されても

冷凍庫に閉じ込められても

パティシエ続けてたのです笑

 

お給料は安いし、時間はないし

労働環境は全然良くないです

 

でもね、私にとって仕事は人生だった

辞めるなんて、離れるなんて、できなかった

 

 

 

応援してくれた友達にどんな顔したら

無理言って専門学校に行かせてもらった親を裏切ることはしたくない

いろんな感情が渦巻いて、もう何が正解かわからなくなった

 

 

でも確実に言えるのはたった一つ

 

 

私は仕事が大好きで愛している

ただ、それだけのこと

 

 

 

 

 

 

辞めれば?逃げれば?

 

簡単に言わないでください

 

きっとそれぞれ事情があります

 

 

 

 

 

人の人生にとやかく言う暇あったら

その無駄な時間を使って、社会貢献の一つでもやってください

 

 

 

聞いてもいないのに「こうじゃないか」などアドバイスすること

 

 

ワイドショーを見ながら

何にも関係のない芸能人の不倫について

あーだこーだ自論を話す

そこらへんのオバちゃんと一緒

 

 

なんの意味もない

 

 

 

誰かを助けるわけでも

誰かを守るわけでもない

 

ただ自分の意見を聞いてほしい、認めてほしいだけ

 

 

そうでしょ?

 

 

 

 

 

みんな、それぞれ違う人生を歩んでいて

それぞれが違う価値観で生きている

 

 

たくさんの苦労と努力があって

みんな頑張って悩んで考えて生きている

 

 

この世に全く同じ人間なんていない

つまり正解は一つじゃない、その人の数だけある

 

 

あなたの思う正解と

相手が思う正解は違う

 

 

自分の常識は他人の非常識

 

 

相手に意見する前にぜひ一度考えてほしい

 

 

 

 

 

でも最後に一つだけ

 

 

 

 

 

あまりにも、辛くて辛くて

自殺を考えてしまいそうな人がいたら

全力でアドバイスしてあげてください

 

しかし、アドバイスだけでは足りない場合があります

 

その時は物理的に仕事を辞めさせる

いじめの現場から逃げさせることをしてあげてください

 

 

死んでしまっては、何も残らないのですから

 

 

 

 

 

 

 

ブラック企業、いじめ、パワハラモラハラ

たくさん悩みがある人が、少しでも私の記事で心救われますように

 

 

そして余計なアドバイスをしているお節介で迷惑な人が

少しでもこの記事で理解してくれますように

 

 

 

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170928170048j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

一生地方在住という愚行。とっとと東京へ行け!

「まだ東京で消耗してるの?」

by イケダハヤト

 

 

 

有名なトップブロガーの著書から抜粋させていただきました。

イケハヤさん、ありがとうございます。

 

 

この著書を書かれたイケダハヤトさんは高知県に住んでらっしゃる方で

ブログだけで収益を上げられています

 

都会のストレスから解放されて、

田舎での〜んびり過ごしながら

しっかりお金は稼いでいる。

 

まさに夢のような暮らしではないでしょうか

 

 

 

さぁ、ご存知、私も何を隠そう田舎住みのビジネスマンです

 

田舎はのんびりしていて暮らしやすい

 

とてもいいのですが、もちろんデメリットもあります

 

 

 

 

では、どうすれば

 

田舎に住みながらビジネスが大成功するか

 

ストレスなく生活ができ、多くの収入を得られるのか

 

というのをお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず最初にするべきことは

 

田舎出身の者は必ず上京しましょう

 

東京に住む、東京に行きまくる、なんでもいいです

 

 

田舎は刺激がなさすぎて、平和ボケしています

 

私みたいに、徳島でこれだけビジネスに熱意を燃やしている人は少ないです

 

 

 

都会と地方では働き方や休日の過ごし方まで、全然違います

 

 

 

 

地方住みあるある

 

・同級生にニートやフリーターが普通にごろごろいる

(知り合いに社長がいる、友人がビジネス立ち上げた、など滅多なことないです)

 

 

・クラスのアイドルは早くにデキ婚、そして離婚、未だにギャルが抜けきれない

(軽自動車を改造して爆音で乗り回す、これも田舎ならでは風景)

 

 

・結婚、子供、マイホーム、これがステータス。というか当たり前。早いほどいい

(親に急かされる。そしてこれが当たり前だと子供も思っている)

 

 

・基本的につるんでいる仲間が学生時代の友達、変わらない交友関係

(人脈を作るために異業種交流会などに行く、という選択肢がそもそもない)

 

 

・休日の行き先は大体ショッピングモール、イオン、ジャスコ

(休日のショッピングモールはもはや動物園状態。騒ぐ子供、時間潰しの親ばかり)

 

 

・並んででもスシローに行く、チェーン店での食事が当たり前

(食事を楽しむ、のではなく、食事は済ます、もの)

 

 

・カップルのデート、家族旅行で東京。あっても年一。海外なんてもってのほか

(ディズニーランドに行くのは、ものすごい勇気がいる)

 

 

 

 

 

 

 

みんながみんな、そうではないですが

ほとんどの人が該当すると思います

 

 

さぁ、考えてください

 

 

 

 

このような人がビジネスで成功すると、思いますか?

 

 

交友関係も大して変わらず

結婚や子供など、世間体ばかりを気にして

休みの日はイオンに行って

ご飯は適当にスシローで済ませて

東京行くのは年に一回のディズニーランド

 

 

 

こんな人がビジネス成功すると思いますか?

 

こんな人と付き合っていて、あなたは何か変わりますか?

 

 

無理ですよね?

 

 

 

 

 

 

地方は家賃が安いです、生活費は東京の半分以下かもしれません

 

ですがお給料も安いのです

 

 

 

仕事の質も都会の一流企業と比べたら、全然違うことでしょう

 

 

 

 

交友関係だって、休日の過ごし方だって、

 

人生においての自分の価値観だって

 

何もかもが違うことでしょう

 

 

 

 

 

変わりたいのなら、成長したいのなら、

 

ずっと地方にいてはダメです!

絶対にダメです!!

 

 

 

変わらないこと、維持すること、継続することを好むのが地方

 

ベンチャー企業のような考えをしている会社や人はほぼ皆無です

 

なので地方は人を育てません

 

育てたとしても、都会に比べたらスピードが全然違います

 

 

 

癒す、楽しむ、暮らす、には地方はとてもいいですが

 

ビジネスを成長させる要素はありません

 

 

 

 

 

地方在住の夢見る人へ告ぐ

 

とっとと出て行け!東京に!!

 

そこにいても正解はないぞ、人生変わんないぞ

 

一度きりの人生、変わるのなら今!

 

今変われない奴は、一生変わらない

 

だから、つべこべ言わず東京へ行け!!

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、ここまで言えるのかというと

 

私はおよそ2年間毎月東京に通ってビジネスの勉強をしていました

 

去年一年は海外進出もしました

 

 

 

 

 

 

出て行ったらわかる

 

 

世界は広い

 

なんて自分は小さな世界にいたんだ

 

 

 

 

地方から、まず東京へ

 

東京から、世界へ

 

 

 

 

 

 

そしてそれが物理的にできない人は

 

東京で活動しているビジネスマン

 

世界を相手に活動している経営者

 

とネット上で仲良くして情報を共有することです

 

 

 

情報をお金を出して買ってもいいでしょう

 

 

 

 

 

今の時代、インターネットさえあれば

 

会議はできる、商売もできる、稼ぐことはネットで全て完結するのです

 

 

 

 

SNS、ブログ、YouTubeなんでもいい

 

大手の一流企業に勤めなくても

誰もがビジネスで成功できる権利を持っている時代なのです

 

 

 

 

では、具体的にどうすればいいのか

 

 

 

 

 

田舎に住みながら

ビジネスを大成功させるための方法

 

 

 

1、まずビジネスのタネ(情報)を買いに東京へ行く

(地方のタネ(情報)は日がたっていて古いのです。誰もがやってることばかりです)

 

 

2、東京でタネ(情報)の育て方を教えてもらう

(体験をさせてもらいましょう。失敗と成功を繰り返すことで強くなります)

 

 

3、地方に持って帰って大事に育てましょう

(珍しいタネは田舎の人から変な目で見られますが、いずれは花咲くので信じてコツコツやるだけです)

 

 

4、あとはこれを繰り返すだけです

仕入れ、育て、仕入れ、育てを繰り返します。なんでも反復することで覚えるのです)

 

 

 

 

 

 

あなたは素晴らしいガーデンのオーナーです

 

土はあなたが住む地方です。栄養たっぷりの土壌です。

 

タネは情報です。東京で仕入れることができます。東京のタネが一番新鮮です。

 

花は成功です。大きいものを一つでもいいし、小さいのをたくさんでもいいです。

 

蝶はお客様です。たくさん寄ってきてもらうために花を咲かせましょう。

 

 

 

 

あなたは人生のガーデンを作るため

日々、努力をしていますか?

 

 

 

 

 

土だけあっても、花は咲きません

 

まずはタネを東京に仕入れに行かなきゃ

 

 

 

 

新鮮な面白いビジネスのタネを

 

 

 

 

 

都会のストレスから解放されて、

田舎での〜んびり過ごしながら

しっかりお金は稼いでいる。

 

まさに夢のような暮らし

 

 

 

 

そのためにはまず

 

 

 

 

とっとと東京へ行け!!

学んで来い!体験して来い!

そして田舎へ持ち帰って花を咲かせろ!!

 

 

以上。

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170924235151j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

 

時代とともに、仕事のあり方も変わって来ています。

あなたは、昔の仕事のやり方を今も変わらずしていませんか?

 

ITの進化に伴い、仕事もあり方やり方も進化するべきなのです

 

なぜ、こんなにはっきりと断言できるのか

解説していきましょう

 

 

 

 

人と人を繋ぐコミュニケーションツール

 
 
昔むかしは、手紙でした。
自分の気持ちを綴ったものを数日かけて届けていました
 
 
 
そして電話が誕生しました。
ボタン一つで、相手に連絡をできる画期的な発明でした
 
 
 
そして携帯電話が誕生しました。
固定電話じゃなくても、どこからでも連絡を取れる素晴らしいものです
 
 
 
そしてメール、LINEやメッセンジャーが誕生しました。
文字が可視化しているので、メモを取る必要がありません。
相手が好きな時に読むことができ、そしてすぐに返信もできる。
手紙と電話と携帯電話が一緒になったのが今のメールやLINEで
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁここで質問です
 
あなたが行きつけのショップの店員さんから連絡がありました
 
1、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
手紙で自宅に届く
 
2、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
電話がかかってくる
 
3、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
メールが届く
 
 
 
 
 
あなたは、どれに一番目を通しますか?
そしてどれが一番迷惑ですか?
 
 
 
 
1→紙が残る。いらない人にはただのゴミ
 
2→時間が奪われる。かけ直して大した用事じゃなかったら、がっかり。
 
3→迷惑なら削除するだけ、データは残らず、時間もかからず相手の時間と労力が最小限になる。
 
 
 
 
 
 
このように時代はどんどん進化していって、人と人とのコミュニケーションの取り方も変わっていっているのです。
 
 
仕事の仕方も時代とともに変わります
ITの進化によって、便利なものがたくさん溢れている今
 
 
 
昔のように手紙や電話でやりとりすることは
 
資源の無駄、時間の無駄、
そして相手の時間と労力を奪っている
 
 
と考えられるのではないでしょうか
 
 
 
「大事なことだから電話で」
 
 
 
なんてことを言う人もいますが、
 
いきなり電話をしたりすること
長々と要点をまとめず感情に任せて話すことは
 
相手の時間を奪っている、と思いませんか?
 
 
 
かかって来た方には、何のメリットもありません。
突然、何の前触れもなしに、手を止められ、時間が奪われるのです。
 
 
お互いにメリットのある関係、例えば取引先だとか、お金をいただいているお客様だとか
それならメリットはあるのですが
 
 
それでも私は
「◯日の◯時に電話してもいいですか?」と必ず事前連絡をします
 
 
 
 
 
 
今の時代、連絡を取るだけでいろんな手段があるのに
 
こちらからいきなり電話をするのは、ただの自己満足としか考えられないからです。
 
 
 
 
あなたはいきなり電話、してないですか?
家族や友人、心を開いた関係でも迷惑な時だってありますよ
 
 
仕事関係なら尚更。
アポなしのいきなり電話なんて昭和のビジネスです。
 
 
 
「どうすればこの人に想いを届けられるか」
 
 
 
相手のことを一番に思い、どんな方法がベストかを考えてから行動しましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は会ったことのある人、実際の生徒様、友人、家族、以外の人とは一切連絡はとりません。質問やコメントが来ても基本的に返事はしません。
 
 
親族、友人はもちろんのこと
 
お金を払ってくださる生徒様に時間を作るのは当然ですが
何もメリットがないのに、全く知らない人と連絡を取って時間を割く
その行為は生徒様に失礼だと考えます。
 
 
その数秒、数分でさえも、私に価値を感じてくださってる方に使いたい。
 
 
時間は有限です。限られた時間を大切に生きることが
自分を生きる、ということ。
 
 
私は私を裏切らない
 
 
それこそが信念であり、生徒様、家族友人への敬意と愛情なのです。
 
 
 

f:id:fujiroku-ai:20170922150109j:plain

 

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます