ろく先生の辛口起業論

起業5年目、29歳、世界中に生徒を持つパティシエYouTuber。世の中の起業ブームに物申す。起業はゴールじゃない、ただの手段だ。

一生地方在住という愚行。とっとと東京へ行け!

「まだ東京で消耗してるの?」

by イケダハヤト

 

 

 

有名なトップブロガーの著書から抜粋させていただきました。

イケハヤさん、ありがとうございます。

 

 

この著書を書かれたイケダハヤトさんは高知県に住んでらっしゃる方で

ブログだけで収益を上げられています

 

都会のストレスから解放されて、

田舎での〜んびり過ごしながら

しっかりお金は稼いでいる。

 

まさに夢のような暮らしではないでしょうか

 

 

 

さぁ、ご存知、私も何を隠そう田舎住みのビジネスマンです

 

田舎はのんびりしていて暮らしやすい

 

とてもいいのですが、もちろんデメリットもあります

 

 

 

 

では、どうすれば

 

田舎に住みながらビジネスが大成功するか

 

ストレスなく生活ができ、多くの収入を得られるのか

 

というのをお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず最初にするべきことは

 

田舎出身の者は必ず上京しましょう

 

東京に住む、東京に行きまくる、なんでもいいです

 

 

田舎は刺激がなさすぎて、平和ボケしています

 

私みたいに、徳島でこれだけビジネスに熱意を燃やしている人は少ないです

 

 

 

都会と地方では働き方や休日の過ごし方まで、全然違います

 

 

 

 

地方住みあるある

 

・同級生にニートやフリーターが普通にごろごろいる

(知り合いに社長がいる、友人がビジネス立ち上げた、など滅多なことないです)

 

 

・クラスのアイドルは早くにデキ婚、そして離婚、未だにギャルが抜けきれない

(軽自動車を改造して爆音で乗り回す、これも田舎ならでは風景)

 

 

・結婚、子供、マイホーム、これがステータス。というか当たり前。早いほどいい

(親に急かされる。そしてこれが当たり前だと子供も思っている)

 

 

・基本的につるんでいる仲間が学生時代の友達、変わらない交友関係

(人脈を作るために異業種交流会などに行く、という選択肢がそもそもない)

 

 

・休日の行き先は大体ショッピングモール、イオン、ジャスコ

(休日のショッピングモールはもはや動物園状態。騒ぐ子供、時間潰しの親ばかり)

 

 

・並んででもスシローに行く、チェーン店での食事が当たり前

(食事を楽しむ、のではなく、食事は済ます、もの)

 

 

・カップルのデート、家族旅行で東京。あっても年一。海外なんてもってのほか

(ディズニーランドに行くのは、ものすごい勇気がいる)

 

 

 

 

 

 

 

みんながみんな、そうではないですが

ほとんどの人が該当すると思います

 

 

さぁ、考えてください

 

 

 

 

このような人がビジネスで成功すると、思いますか?

 

 

交友関係も大して変わらず

結婚や子供など、世間体ばかりを気にして

休みの日はイオンに行って

ご飯は適当にスシローで済ませて

東京行くのは年に一回のディズニーランド

 

 

 

こんな人がビジネス成功すると思いますか?

 

こんな人と付き合っていて、あなたは何か変わりますか?

 

 

無理ですよね?

 

 

 

 

 

 

地方は家賃が安いです、生活費は東京の半分以下かもしれません

 

ですがお給料も安いのです

 

 

 

仕事の質も都会の一流企業と比べたら、全然違うことでしょう

 

 

 

 

交友関係だって、休日の過ごし方だって、

 

人生においての自分の価値観だって

 

何もかもが違うことでしょう

 

 

 

 

 

変わりたいのなら、成長したいのなら、

 

ずっと地方にいてはダメです!

絶対にダメです!!

 

 

 

変わらないこと、維持すること、継続することを好むのが地方

 

ベンチャー企業のような考えをしている会社や人はほぼ皆無です

 

なので地方は人を育てません

 

育てたとしても、都会に比べたらスピードが全然違います

 

 

 

癒す、楽しむ、暮らす、には地方はとてもいいですが

 

ビジネスを成長させる要素はありません

 

 

 

 

 

地方在住の夢見る人へ告ぐ

 

とっとと出て行け!東京に!!

 

そこにいても正解はないぞ、人生変わんないぞ

 

一度きりの人生、変わるのなら今!

 

今変われない奴は、一生変わらない

 

だから、つべこべ言わず東京へ行け!!

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、ここまで言えるのかというと

 

私はおよそ2年間毎月東京に通ってビジネスの勉強をしていました

 

去年一年は海外進出もしました

 

 

 

 

 

 

出て行ったらわかる

 

 

世界は広い

 

なんて自分は小さな世界にいたんだ

 

 

 

 

地方から、まず東京へ

 

東京から、世界へ

 

 

 

 

 

 

そしてそれが物理的にできない人は

 

東京で活動しているビジネスマン

 

世界を相手に活動している経営者

 

とネット上で仲良くして情報を共有することです

 

 

 

情報をお金を出して買ってもいいでしょう

 

 

 

 

 

今の時代、インターネットさえあれば

 

会議はできる、商売もできる、稼ぐことはネットで全て完結するのです

 

 

 

 

SNS、ブログ、YouTubeなんでもいい

 

大手の一流企業に勤めなくても

誰もがビジネスで成功できる権利を持っている時代なのです

 

 

 

 

では、具体的にどうすればいいのか

 

 

 

 

 

田舎に住みながら

ビジネスを大成功させるための方法

 

 

 

1、まずビジネスのタネ(情報)を買いに東京へ行く

(地方のタネ(情報)は日がたっていて古いのです。誰もがやってることばかりです)

 

 

2、東京でタネ(情報)の育て方を教えてもらう

(体験をさせてもらいましょう。失敗と成功を繰り返すことで強くなります)

 

 

3、地方に持って帰って大事に育てましょう

(珍しいタネは田舎の人から変な目で見られますが、いずれは花咲くので信じてコツコツやるだけです)

 

 

4、あとはこれを繰り返すだけです

仕入れ、育て、仕入れ、育てを繰り返します。なんでも反復することで覚えるのです)

 

 

 

 

 

 

あなたは素晴らしいガーデンのオーナーです

 

土はあなたが住む地方です。栄養たっぷりの土壌です。

 

タネは情報です。東京で仕入れることができます。東京のタネが一番新鮮です。

 

花は成功です。大きいものを一つでもいいし、小さいのをたくさんでもいいです。

 

蝶はお客様です。たくさん寄ってきてもらうために花を咲かせましょう。

 

 

 

 

あなたは人生のガーデンを作るため

日々、努力をしていますか?

 

 

 

 

 

土だけあっても、花は咲きません

 

まずはタネを東京に仕入れに行かなきゃ

 

 

 

 

新鮮な面白いビジネスのタネを

 

 

 

 

 

都会のストレスから解放されて、

田舎での〜んびり過ごしながら

しっかりお金は稼いでいる。

 

まさに夢のような暮らし

 

 

 

 

そのためにはまず

 

 

 

 

とっとと東京へ行け!!

学んで来い!体験して来い!

そして田舎へ持ち帰って花を咲かせろ!!

 

 

以上。

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170924235151j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

 

時代とともに、仕事のあり方も変わって来ています。

あなたは、昔の仕事のやり方を今も変わらずしていませんか?

 

ITの進化に伴い、仕事もあり方やり方も進化するべきなのです

 

なぜ、こんなにはっきりと断言できるのか

解説していきましょう

 

 

 

 

人と人を繋ぐコミュニケーションツール

 
 
昔むかしは、手紙でした。
自分の気持ちを綴ったものを数日かけて届けていました
 
 
 
そして電話が誕生しました。
ボタン一つで、相手に連絡をできる画期的な発明でした
 
 
 
そして携帯電話が誕生しました。
固定電話じゃなくても、どこからでも連絡を取れる素晴らしいものです
 
 
 
そしてメール、LINEやメッセンジャーが誕生しました。
文字が可視化しているので、メモを取る必要がありません。
相手が好きな時に読むことができ、そしてすぐに返信もできる。
手紙と電話と携帯電話が一緒になったのが今のメールやLINEで
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁここで質問です
 
あなたが行きつけのショップの店員さんから連絡がありました
 
1、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
手紙で自宅に届く
 
2、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
電話がかかってくる
 
3、「新作の秋物ブランドが入荷しました」
メールが届く
 
 
 
 
 
あなたは、どれに一番目を通しますか?
そしてどれが一番迷惑ですか?
 
 
 
 
1→紙が残る。いらない人にはただのゴミ
 
2→時間が奪われる。かけ直して大した用事じゃなかったら、がっかり。
 
3→迷惑なら削除するだけ、データは残らず、時間もかからず相手の時間と労力が最小限になる。
 
 
 
 
 
 
このように時代はどんどん進化していって、人と人とのコミュニケーションの取り方も変わっていっているのです。
 
 
仕事の仕方も時代とともに変わります
ITの進化によって、便利なものがたくさん溢れている今
 
 
 
昔のように手紙や電話でやりとりすることは
 
資源の無駄、時間の無駄、
そして相手の時間と労力を奪っている
 
 
と考えられるのではないでしょうか
 
 
 
「大事なことだから電話で」
 
 
 
なんてことを言う人もいますが、
 
いきなり電話をしたりすること
長々と要点をまとめず感情に任せて話すことは
 
相手の時間を奪っている、と思いませんか?
 
 
 
かかって来た方には、何のメリットもありません。
突然、何の前触れもなしに、手を止められ、時間が奪われるのです。
 
 
お互いにメリットのある関係、例えば取引先だとか、お金をいただいているお客様だとか
それならメリットはあるのですが
 
 
それでも私は
「◯日の◯時に電話してもいいですか?」と必ず事前連絡をします
 
 
 
 
 
 
今の時代、連絡を取るだけでいろんな手段があるのに
 
こちらからいきなり電話をするのは、ただの自己満足としか考えられないからです。
 
 
 
 
あなたはいきなり電話、してないですか?
家族や友人、心を開いた関係でも迷惑な時だってありますよ
 
 
仕事関係なら尚更。
アポなしのいきなり電話なんて昭和のビジネスです。
 
 
 
「どうすればこの人に想いを届けられるか」
 
 
 
相手のことを一番に思い、どんな方法がベストかを考えてから行動しましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は会ったことのある人、実際の生徒様、友人、家族、以外の人とは一切連絡はとりません。質問やコメントが来ても基本的に返事はしません。
 
 
親族、友人はもちろんのこと
 
お金を払ってくださる生徒様に時間を作るのは当然ですが
何もメリットがないのに、全く知らない人と連絡を取って時間を割く
その行為は生徒様に失礼だと考えます。
 
 
その数秒、数分でさえも、私に価値を感じてくださってる方に使いたい。
 
 
時間は有限です。限られた時間を大切に生きることが
自分を生きる、ということ。
 
 
私は私を裏切らない
 
 
それこそが信念であり、生徒様、家族友人への敬意と愛情なのです。
 
 
 

f:id:fujiroku-ai:20170922150109j:plain

 

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

超わかりやすい仮想通貨のホントの話

仮想通貨ってなに?

ビットコインってあの今話題のやつでしょ?

なんか詐欺とかなんとか報道している、、、、

 

 

こんな危ない仮想通貨なんて

私には一生無縁だわ

 

 

はい、こう思っている、そこのあなた。

まんまとお金持ちの罠に引っかかってますよ。

 

 

あなたが真実を知らず、そのまま引っかかっても

私にはなーんの問題はないのですが

 

可哀想じゃないですか

 

 

きちんと真実を知ることが、これから何かに役立つかもしれませんよ

 

知ってるのと、知らないのでは

全然違いますからね

 

 

 

 

 

 

ということで、ついにこの話題をブログで書こうと思います

 

 

 

 

「 藤六流 仮想通貨 超解説 」

 

 

 

 

まず、仮想通貨ってなに?というところから始まります

 

 

わかりやすくいうと

 

世界共通、どこでも使える通貨です!!

 

 

ファイナルファンタジーでいう「ギル」

ドラクエでいう「ゴールド」

日本でいう「Suica」「ICOCA

主婦ならわかる「WAONポイント」

 

 

電子マネーって持っていれば、使用できるところでどこでも使えますよね!

これの世界バージョン、通貨バージョンが仮想通貨なんですよね〜〜

 

 

今までだったら、

 

ドルを円に

円をユーロに

バーツを円に

 

なんてことを旅行前に空港でやってませんでしたか?

 

「今のレートは1ドル110円か、、、」

 

なんてことを

海外に行くときにやりますよね〜換金しますよね〜

これがなくなるのです。

 

 

そう全ては仮想通貨で一つになる!!

 

世界中どこにいたって、これさえあれば換金いらず!!

世界共通の通貨、それが仮想通貨!!

 

 

インターネットが普及したことで

世界中どこにいても情報が得られるようになったように

 

 

 

お金もついに国境を越えるのです

 

 

 

まぁこんな話にわかに信じがたいと思いますが

 

2017年4月には

日本政府が「貨幣」として認めました

 

 

日本政府が「貨幣」として認めました

 

 

日本政府が「貨幣」として認めました

 

 

 

大事なことなので3回言いました

 

 

 

 

日本政府、

仮想通貨ビットコインを「貨幣」に認定!

 

詳細はこちら↓↓↓

http://ビットコイン.pw/articles/BHyaV

 

 

 

これには大きな理由があってですね

日本は2020年にビッグイベントを抱えてるじゃないですか

 

それに向けての導入せざるを得なかった、というのが大きいと思います

 

 

そう、そのイベントとは

 

 

東京オリンピック

 

 

 

世界中からたくさんの人が集まりますよね

その時に、共通の通貨があれば、超ぉぉぉ〜〜〜便利!!

だとは思いませんか?

 

 

実際に日本でも使えるところは、どんどん増えています

 

 

 

有名なところだと

ビッグカメラドンキホーテ

 

 

 

これらの共通点はなんだかわかりますか??

 

 

 

そうです

 

中国人が爆買いするお店

 

 

 

知らない人も多いかと思いますが

中国は外貨両替制限というのがあるのです

 

つまり

 

どれだけお金を持っていても、ドルや円に変えるのには限度がある

 

海外で仕事をしたり、海外に移住する、海外で買い物するのを抑制し

中国の富裕層を外国に行かさないようにするのが

 

 

中国外貨両替制限

別名「富裕層逃しまへんで作戦」

 

 

 

これを掻いくぐるために

賢い富裕層が利用しているそれが

 

仮想通貨

 

 

 

そしてさらに

仮想通貨を持った富裕層をターゲットに商売をしているのが

 

日本のビッグカメラドンキホーテ

 

 

別名

「富裕層の皆さん、仮想通貨が使える日本のお店で買い物しておくんなまし作戦」

 

 

 

 

とまぁこんな風に、日本はさっさと仮想通貨を貨幣として認め

海外のお金持ちさんに

 

日本は仮想通貨が使えるよ〜いっぱい使ってね〜

とずる賢く商売をしているのです

 

 

きっと東京オリンピックが開催される頃には

 

電車もタクシーも飲食店もホテルも

使えるようになることでしょう(勝手な予想ですが)

 

 

 

 

 

という感じで日本は仮想通貨について

イケイケー!ゴーゴー!な取り組みが多いですが

 

海外はそうでもないところが、まだ多いです

 

 

だってねぇ、お金が出て行かれると困る人もいるのです

例えば国とか、銀行とか、回せるお金がなくなると困りますからね

 

 

 

そう、つまりこれからの時代は

 

非中央集権vs中央集権

 

お金の在り方、価値がガラッと変わる時代に突入するのです

 

 

わかりやすくいうと

 

企業vs政府

 

 

ですね。いや〜これは見ものですよ

 

 

 

 

 

ちなみにですが、

 

仮想通貨は誰が作って、誰が発行しているのか

 

それは「誰もわからない」のです

 

 

 

えええええええ

なんじゃそりゃぁぁぁぁ

 

ですが

 

 

はっきりと言えることは一つ

 

天才数学者団体が作ったとされる貨幣のシステム

それが仮想通貨

(気になる方は「ナカモトサトシ 論文」で検索)

 

 

仮想通貨のシステムは数年前にすでに作られ、完成している

 

 

そして発行数も決まっている

 

 

 

おおよそ8割は発行され、残るは2割のみ

 

 

 

つまり利用者が増えたからといって、発行する量は増やせない

今あるもの、残されたものを誰が保有するかの取り合いになる

 

 

 

仮想通貨は

 

これからどんどん利用者が増える一方

 

しかし限られた数しかないため

 

取り合いになる

 

 

 

つまり恐ろしく価値が上がる通貨である

 

 

2017年初めは6万だったのが、

最近の一番の高値だと53万円まで上がっている

 

 

ここまで説明したら、わかる人にはわかるだろう

 

 

 

 

 

絶対、持ってた方がいいじゃん!!!

 

 

 

ということで最後にどこで買えるかだけを話して終了にします

 

 

 

 

 

買い方は簡単

 

スマホでこちらのアプリをダウンロード

 


「コインチェック」
http://lull-ex.jp/Lv267/11261


自分の名前、住所、電話番号、免許証などを登録

登録完了後、日本円を入金(銀行振り込みがいい、カード購入は手数料が高い)


入金確認メールが届いたらビットコインを購入できます



登録後にハガキが自宅に届きますが

ハガキを待たなくても、ビットコインは購入可能です



相場が安い今がチャンスなので早めに買いましょう




ちなみに1ビットからではなく

10万円分などの金額設定もできます

0.5ビットだけ、なども設定可能です





年末には倍になると予想されています

買うなら絶対に今です



私も毎月、買い足しています

1ビット100万じゃ、なかなか手が出ませんからね






「発行部数が決まっている通貨」

「ほぼ8割が発行が終わっている」

「しかし使う人は増えている」

「価値は上がる一方」




なので買うなら絶対に今です



年末には「勇気出してよかった~~~~~」「先生ありがと~~~~~」

と一緒にニヤニヤしましょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで本日の話はここまで

 

まだまだ仮想通貨は奥が深いです

 

これでもまだ触りの部分ですが、いかがだったでしょうか?

 

 

 

世の中にある情報のネガティブなことだけを鵜呑みにせず

 

まず色々と勉強してみましょう

 

少しでも参考になれば幸いです

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170920020729j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

どうやって稼いでいるのか教えてください、に全力で答えました

「どうやって稼いでいるんですか?」

情報商材系の人ですか?」

 

最近会ったこともない人から、

いきなり収入源についてとやかく聞かれることが多い

 

なるほど、知りたいのか

 

その前に君は誰かな?

挨拶もなしに人の収入源や方法を聞けるとでも思ってるのか

しかもタダで笑

 

 

 

こういう人の心理が全くわからないので

なぜこんな質問が来るのか友人に聞いてみた

 

「なんでいきなりこんな質問が来ると思う?」

 

そうしたらこう答えた

 

「過去の努力を知らずに、いい所だけを見てるからじゃない?」

 

 

 

あー、、、なるほどね。

簡単に稼いでそうってね。そりゃ勘違いだわ。

 

 

「私は色々知ってるけど、あの経験は普通の人は死ぬよ。精神的に耐えられない

 

その努力と行動を知らないから、そんな質問が来るんだと思う」

 

 

 

 

ということで

 

あんまり話したくはなかったのですが

 

話すことにします

 

 

 

 

経営者ゲロ話

〜何があっても負けない前進力〜

 

 

まずはじめに

 

私は起業して5年目になります。

 

 

 

はじめは徳島県でお菓子教室を始めました

 

神戸に住んでいて、起業のため地元の徳島に帰ったので

 

コネなし

金なし

 

の状態からスタートします。

 

 

 

教室用のアパートを借りてのスタート

 

はじめから大盛況というわけにもいかないので

アルバイトをしながら生活をしていました

 

 

それから半年もしないうちに教室は満席状態となります

 

・カルチャースクールへの営業、売り込み

・公立高校での家庭科特別講師

・新聞社、雑誌社へのアポ、取材を受けて取り上げてもらう

 

など色々仕掛けました。

 

 

 

そしてお陰様で

徳島ではきっと一番人気の教室になりました。

 

生徒数は400名を超え

 

一番多い時で一日12名のご予約

それを週6日で回してました

 

 

土日はほぼキャンセル待ち

「いつになったら予約できるの?」と生徒さんからクレームがあるほどでした

 

 

 

 

 

そうして気づいた3年目

 

どれだけ働いても収入に限界があるとわかった私は

違う分野でビジネスをすること、

もっと視野を広げて会社を立ち上げることを意識します

 

 

 

・月に1度の東京遠征、ビジネスの勉強

(2年間欠かさずやりました。おかげで今の私があります)

 

YouTubeで動画配信

(これにより、ろくキッチン放送局が生まれます)

 

・ビジネスマインドや動画も配信

(今のブログもこれにあたります)

 

 

 

 

 

 

ここまでに使ったお金、自己投資額は

軽く数千万を超えます

 

 

毎月の勉強代に、広告料に、システム開発

 

 

リターンを得るためにはリスクは必ず必要です

 

莫大な時間とお金をかけて、睡眠時間を削って、先行投資をする

だからこそ得るものがあるのです

 

 

 

 

 

そして必ず前に進む時にあるのが「失敗」ですよね

たくさんの出来事がありました

 

起業してこの5年で一番きつかったことベスト5は

 

 

1位 お客様に土下座を要求される、しかもそれを生配信しろと言われる

 

 

2位 会ったこともない人にYouTubeで「銭ゲバ女藤六」と動画をアップされる

 

 

3位 自分のYouTubeFacebookに「クソ女」と荒らしが殺到する

 

 

4位 嫌がらせの電話やメッセージが来る

 

 

5位 元お客様に根も葉もない噂を流され、今のお客様を引き抜きされそうになる

 

 

 

 

ですね

 

今思えばなんともないですけど、当時はきつかったですね〜

 

 

 

さらにパティシエ時代なんかは

 

 

・冷凍庫に閉じ込めらて出られなくなる

 

・食洗機で回されてビショビショになる

 

・漂白剤をぶっかけられる

 

・お客様の見えるところで蹴られるなどの暴力を受ける

 

・ストレス発散に食材や製菓道具を投げつけられる

 

 

 

など体罰がメインでしたね

 

まぁ今思えば可愛いですね、寂しいおじさん達がやったことですから

 

 

 

 

 

など、いろんな経験を経て、今の私があるわけです

 

 

 

 

まだまだネタはありますけど、ざっとこんなもんです

 

 

 

 

さぁ、ここまで聞いて

お金を稼ぐことって簡単だと思いますか?

 

 

あなたが私の立場なら、耐えられますか??

 

 

ただYouTubeで動画配信してるだけ

ただブログを書いてるだけ

ただFacebookを更新しているだけ

 

それでお金が入って来ると思いますか?

 

楽して稼いでそうだから、メッセージしたら教えてくれる

そう思いますか??

 

 

 

 

お金を稼ぐということは、人と違った行動を取らなければなりません

 

そうすると必ず、潰そうとして来る人がいます

 

出る杭は打たれるのです

 

 

 

家族や友人にも理解されない時もあるでしょう

 

頑張りすぎて体調を崩す時だってあるでしょう

 

何をやっても報われない、成果が出ない時もあるでしょう

 

 

 

 

それでも自分の道を信じて突き進むこと

 

何を言われてもブレずに前を向いてやり遂げる

 

 

 

 

 

あなたに、それができますか?

 

 

 

 

 

それができる人、自分を信じた人

誰に何を言われても、何をされても

 

めげずに、這い上がって、失敗を繰り返して

痛みをわかったものこそが得るもの

 

それが「お金」です

 

 

 

 

普通の生活していたら絶対に手に入りません

 

 

 

 

 

さぁ、どちらがいいですか?

 

 

 

 

痛くて傷つくけど、あとで欲しいものが手に入るいばらの道

 

欲しいものは手に入らずつまらないけど、痛みがない平凡な道

 

 

 

どちらを選ぶのも、あなたの自由です

 

 

 

ですが、最後に一つだけ

 

 

 

 

人生に近道はありません

 

コツコツやるしか方法はないのです

 

楽して稼ぐなんて、楽して成功するなんて、ありえないのです

 

 

 

 

 

前を進む人には敬意を払いましょう

 

あなたには、かっこいい背中しか見えていないかもしれないけど

 

みんな痛みを伴っています。見えないところは傷だらけなのです。

 

 

 

全ての人に敬意を

 

そして関わる全ての人に感謝を

 

 

 

自分を信じて、大切にすること

 

他人も信じて、大切にすること

 

 

 

常に「ありがとう」の気持ちを大切にしてくださいね

 

そうすれば少しずつですが、人生がいい方向に向かうでしょう

 

 

 

 

 

ちょっとのことでクヨクヨしない

 

人生長い目で見たら、今の悩みなんて大したことないのです

 

 

 

 

 

 

何か参考になりましたら幸いです

 

あなたも負けずに、突き進んでくださいね

 

応援してます^ - ^

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170918181910j:plain

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

YouTuberヒカル氏、真木よう子さんの騒動から見る男性の嫉妬について、私たちができること

女性でビジネスをしている諸君に警告

 

 

「男の嫉妬に注意せよ」

 

 

今日はこの話題でブログを綴っていこうと思います

 

 

 

つい最近、2017年9月現在の話題で

「嫉妬による誹謗中傷」

「妬みによる嫌がらせ」行為の代表と言えば

 

・Youtuberヒカル氏VALU騒動

・女優真木よう子さんコミケ騒動

 

ではないでしょうか

 

 

 

前者のヒカル氏の騒動、意見は賛否両論あると思いますが

嫌がらせの度合いが、もう半端ない

 

真木よう子さんにしても、そこまでしなくても、、、

というふうに感じている人も多いと思います

 

 

 

 

さぁ、ここから「嫉妬」について話していきましょう

 

 

 

まず男性と女性で嫉妬の度合いが全然違います

 

 

女性の嫉妬は

 

・相手を無視する

話しかけられても「・・・」急に態度が素っ気なくなる。

本音は構ってほしい、どうしたの?って聞いてほしい

 

・仲間外れにする

いつも仲良くしていたのに、急にメンバーに入れなかったり、お誘いしなかったり。

自分は悪くない、あなたが悪いのよと思っている

そしてそれを理解してほしい

 

・逆に自分を責める

どうせ私が悪いんです〜、ともう面倒臭いから全部自分のせいにしちゃう

本音はそうは思っていない、このヤロー!って怒っている

 

・マウンティングする

◯◯ちゃんお化粧上手〜!私なんていつもすっぴんで〜お化粧下手で〜!

でも実際の年齢より若く見られるんだよね〜なんでだろう〜〜

(この化粧ババア!私の方が素で綺麗なんだよ!)

 

・独占しようとする

あなたのいいところは◯◯だと思うの。それをわかってるのは誰よりも私だと思う。

だから◯◯しない方がいいよね(相手をコントロールして自分より格下にしたい)

 

 

 

だいたいこんなもんです

 

女性諸君なら「あるある〜」ときっとわかってくれることでしょう

 

 

 

 

では男性の嫉妬はどうでしょうか

 

 

・相手の所属している社会・チームからの抹消をしようとする

女性の場合は「見なければいい」「関わらなければいい」と目をそらすのですが

男性の場合は「活動できなくしてやる」「潰してやる」「消してやる」と

社会やチームからの抹消をしようとします

白黒つけたいと言えばかっこいいですが、やってることはただのいじめです

 

 

・自尊心を守るために目立つやつを集団で引きずり下ろす

男性は女性と違って群れない、と思われがちですが

自分にとって都合の悪いことが起きた時、ストレス発散で誰かを攻撃したい時

そんな時は一斉に集団となり、群れで攻撃します

攻撃が終わり、目的が達成されると、単独行動に戻ります

「大物を仕留めるための集団行動」と考えると実に男性らしいですね

 

 

・男尊女卑(深層心理で)

「女は30までは小娘」ほとんどの男性がこう思っています(特に50代オーバー)

20代の女性で例え社会的地位があっても、収入があっても、自分より有名でも

年齢だけで判断するので「小娘」というのは変わりありません

むしろその「小娘」に自分が負けているとなると、何かにつけて悪いところを探します

全員がそうではないのですが、ほとんどの男性がそういう心理を持っているでしょう

 

 

 

・「俺のプライドを傷つけた」競争心からの誹謗中傷

男性は女性と違って「一番になること」を好みます

小さい頃から「誰が一番か」を競う生き物です

なのでその一番を取られたり、何かプライドが傷つけられたことがあると

自分を守るために誹謗中傷をします

 

 

・冗舌ネガティブキャンペーン

普段おとなしい人でも、嫉妬心に火がつくと冗舌になります

あることないこと、ではなく、ないことないことをひたすら話す

ネガティブキャンペーンを実施するのです

特に多いのがネットでの嫌がらせです。顔が見えない、素性がバレないのをいいことに

キャンペーン参加者は好き放題やりたい放題するのです。

 

 

 

 

 

 

 

このように男性の嫉妬というのは、実に怖いです

 

 

 

なぜここまで言えるのかというと

何を隠そう、私がその経験者だからです

 

 

 

あまり話したくはないですが、本当に男性の嫉妬は厄介です

 

 

 

女性の嫉妬というのは、実は結構頻繁に起きているのですが

 

 

「あいつムカつくよね〜!」

「そうそう、わかる〜」

 

「お待たせしました〜ご注文のケーキです」

おしゃれなカフェで話していた二人、注文の品が来たら

 

「だよね〜・・・やだ、このケーキ美味しいんだけど〜!」

「え!?本当?あ、美味しい〜〜!!」

 

 

とまぁ、女性は話題がコロコロ変わるものなのです

 

 

 

 

 

ですが男性の嫉妬は違います

 

「あいつマジでムカつく」

「俺も。潰してやろうぜ」

 

「お待たせしました〜。ご注文の品です〜」

と喫茶店で注文していたコーヒーが来たとしても

 

「で、どうする?」

「そうだなぁ・・・」

 

とコーヒーに手をつけない

女性ならすぐに目移りするのに

男性の場合

一度、嫉妬心に火がつくともう止まらないのです

 

 

 

 

 

これくらい女性と男性で違うのです

 

 

 

 

だからわかってほしい

 

 

 

 

男性に嫉妬されることが一番危険

 

嫉妬されないように最大限努めることが

自分を守るための最適な手段

 

 

 

 

 

 

自分でビジネスをしている人にとって大事なことは

 

攻守ともにバランスを取れた人間であること

 

 

 

 

あれしたい、これしたい

私こんな人なんです、よろしくお願いします!

アピールしまくり、輝きすぎ

 

 

 

これをやりすぎると嫉妬の対象になります

 

 

ここは下手に出ましょう

 

 

 

オススメは「知的バカ」を演じること

 

 

女性ならではの「さしすせそ」を使ってください

 

さすがですね〜〜!

知らなかった〜!

すご〜〜い!

センスいいですね〜!

そうなんですかぁ!

 

 

知ってることも、知らないふり

一度聞いたことも、初めて聞いたふり

できることも、できないふり

 

 

「私できます!やります!」ではない

(そうすると本当に放置される、仕事が増える)

 

「私さえ我慢すれば」でもない

(そんな可愛くない女は男も呆れてしまう)

 

 

男性心をくすぐるような

協力してあげたいな、と思わせうような

言動と行動を常に考えて発言するのです

 

 

敵は少ない方がいい

相手にバカと思われようとも、

この女は仕事ができないと思われようとも

それでいいじゃないか 

 

 

 

どうすれば

他人を上手に巻き込んでビジネスできるか

敵を作らず円滑に物事を進められるか

 

これを常に考えて、常に第三者の目で自分をよぉく観察すること

 

 

 

これこそが嫉妬や誹謗中傷から免れる自己防衛作です

 

 

 

 

 

そのために

思ってることを全部話さない

感情は一度自分の中で整理してから話す

など心の余裕が求められますがそれも人間力そして経済力を上げるための

大事なポイントです

 

 

 

 

 

 

嫉妬するということは

その人に何かしら魅力がないと起きない現象です

 

それを上手に活用するのも、下手に活用するのも

全部自分次第

 

 

 

全ての人に愛される

なんて難しいですが、なるべく嫌われないようにするのが

ビジネスにおいて得策かもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

ということで今回は以上です

何か参考になれば幸いです

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170521163720j:plain

 

 

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

アンチ・叩きは怖くない!実はSEO的に超おいしいって知ってた!?

悪口・叩き・アンチ

自分で媒体を持って、何か情報発信をしていると

だいたい経験するのがこれ

 

 

めちゃめちゃ叩かれる人もいれば

全然叩かれない人もいる

 

 

有名になれば叩かれて当然

 

と思っている人は多いと思うが、実際そうではない

 

 

 

 

よぉく考えて欲しい

 

 

 

 

 

マツコデラックスのように

 

怒りを商売にしていても、愛されるキャラもいる

 

 

 

 

出川哲朗のように

 

抱かれたくない男No.1でも、ずっと愛されるキャラもいる

 

 

 

 

 

逆に、なにをやっても叩かれてしまう人もいる

 

 

 

幸せそうな写真を載せただけでアウト

 

ご飯の写真を載せただけでアウト

 

何気ない発言で炎上

 

 

 

 

両者はなにが違うのか

 

 

 

まず叩く人の心情から理解してみよう

 

 

彼らはまず、ネット依存者である

暇があればスマホを開き、SNSをチェックする

 

新しい情報を得ることが、快感なっている

 

その中でも「自分と似ている」「自分ならこの人より上」な部分がある人を見つける

 

 

俺なら、こうするのに

私なら、こうするのに

 

 

やがて自分を投影し始める

 

 

 

 

 

 

そして、ボロが出た時に批判する

 

 

 

「最低」「◯◯の気持ち、考えたことある?」

「ガッカリした」「らしくない」

 

 

 

彼らはあなたのファンなのだ

好きの裏返しなのである

 

 

 

 

 

そもそも好きでもなんでもない人にコメントはしないだろう

そのページすら訪れないし、見ないだろう

 

 

 

ビジネスをしているものにとって

 

アンチや叩き、迷惑メールや変なコメント

これは一見、ただの嫌がらせにしか見えないが実は違う

 

 

小学生の男の子が

好きな女の子をいじめるのと同じなのだ

 

 

そもそも興味がないと、いじめたりしない

 

 

 

 

そして、SEO対策的にも

実はアンチコメントはかなり有効なのである

 

 

なぜかって??

 

 

 

実はブログやFacebookツイッターYoutubeとコメント機能があるが

これらのコメント数が多いもの、つまりコメントをする時間

見ている時間を考慮して

 

 

 

総じて、閲覧時間が長いもの

 

 

これが有益なコンテンツとして認識されるのである

 

 

 

 

 

昔は「いいね」の数や「フォロワー」の数「友達」の数

数字が多い人が「有益な情報発信者」だったのだが

 

今は「いいね」も「フォロワー」もお金さえあれば買える時代

ネットの中でのアルゴリズムは変わったのだ

 

 

 

 

閲覧時間が長い、滞在時間が長い、情報発信者が

 

検索エンジンで上位表示される時代なのである

 

 

 

 

 

 

だからアンチコメントに悩んだり、落ち込んだりしなくていい

 

うわ〜この人、私のページの閲覧時間伸ばしてくれて、なんていい人なの!?

 

って考えれば、気分もそんなに暗くはならないだろう

 

 

そして

 

いいねが少なくても、閲覧時間が長ければ問題ない

そう、私のように笑

 

 

 

 

 

 

もしあなたが嫌なコメントをされたとしよう

 

しかし、そんなコメントをしている人は気づいていない

 

「こいつを陥れてやろう」「落ち込ませてやろう」としている行為が

逆に有益コンテンツとして自分がちゃっかりお手伝いをしていることに

 

 

 

 

 

だから結局アンチはありがたいのである

 

わかっていただけただろうか

 

 

 

 

やっぱり私のファンなのね

応援の形は違えど、協力してくれてありがとうね

 

 

 

 

これくらい思えるようになれば、マインドもブレないし崩れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、マツコデラックスのように、出川哲朗のように

敵を作らず愛されるキャラクターになるには

 

 

愛嬌

 

 

が必要である

 

 

 

 

すごく真面目な部分もありつつ

でもお茶目な部分もある

 

 

そのギャップが人の心を惹きつけるのだ

 

 

全部がカチッとしていても、つまらない

時には天狗のように見えるかもしれない

それが鼻につく人もいるだろう

 

 

全部がフランクな人でも、つまらない

時にはただのバカに見えるかもしれない

その明るさが人をイラっとさせるだろう

 

 

 

 

要はチャンネルの使い分けなのである

 

なんでもバランスが大事というが、やはりそうなのである

 

 

 

 

 

怖いイメージのある人、真面目なイメージのある人は

たまにふざけた投稿をすると、ギャップが生まれてさらにファンが増える

 

 

面白いイメージ、友達が多くフランクなイメージのある人は

時には超真面目なお堅い文章を書いてみると

こんなこと考えてるんだ、と見直してくれる人が増える

 

 

 

 

自分は果たしてどちらなのか?

どのファン層を作りたいか?

 

 

 

常に自己分析をして、自分をプロデュースすることが

ネットでビジネスを展開させていくものにとって

重要な腕の見せ所なのである

 

 

 

 

何事もただ表面だけを見るんじゃない

真意を見るのだ

 

 

 

そして、どうすればいいのか考える

 

 

 

 

いちいち言葉に反応しないこと

 

 

 

 

自分には何ができるか

どうすればファンが増えるのか

常にブレない軸を持つこと

 

 

 

これが叩かれない人の考え方なのである

 

f:id:fujiroku-ai:20170906111459j:plain

 

 

 

【プロフィール】

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます

 

部下が育たないのは、全てあなたのせいです

なかなか部下が育ちません

いつも頼られてばかりで困ります

それに答えちゃう自分も嫌なんです

一体、どうすれば、、、

 

 

ビジネスをしていると絶対に誰しもがぶつかる壁、それは

 

人間関係

 

 

 

 

 

全ての悩みは人間関係である

 

心理学で有名なアドラーもそう唱えていますね

 

 

 

 

今日はその人間関係をどうすれば円滑に過ごせるか

部下の育て方、コミュニティーの繁栄を話していこうと思う

 

 

 

 

 

まず大前提に

 

「自分はうまくいっている、順調である」

「自分は愛されて、支えられている」

 

と、心の底から腹の底から思わないといけない

 

 

いきなり何を言ってるんだと思うかもしれないが

 

 

人間ってのは不思議なもので

 

自分が自分をどう扱っているかが、

他人に鏡のごとく反映されるのである

 

 

 

 

 

もし自分自身が

 

 

「私なんて、まだまだ未熟だし」と思っていたら

「あいつはまだまだ未熟だから」と他人がそう扱ってくれる

 

 

「部下がいつも質問ばかりしてくる、成長しない」と思っていたら

その通り、永遠に部下は質問ばかりで成長しない部下のままになる

 

 

「最近、忙しいな〜休みたいな〜」と言葉に発していたら

休みがなく、忙しい毎日が、現実化するのである

 

 

 

 

 

 

思いや言葉は、その通り現実となり

あなたの望む世界を創り出してくれる

 

 

 

実に簡単でシンプルである

 

 

 

世の中に不平不満を言っている人は、たくさんいるが

 

まさか自分が創り出している、だとは微塵も思っていない

 

 

 

 

逆に世の中に不平不満を一切言わず、人生を謳歌している人は

 

必ず愛と感謝で生きている、だからそれが現実になっている

 

 

 

 

あなたの周りの人はどうだろうか?

 

当てはまる人がきっといると思う

 

 

 

 

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

 

それは

 

 

「すでに自分は成功している」

「順調である」と

今の不足の状態から

これでいいと認めていくことである

 

 

 

よぉく考えて欲しい

 

 

今、あなたには目標があると思う

なぜ、その目標を持ったのか?なぜそれを追いかけているのか?

 

そもそも、なぜそれを目標にしたのか

覚えているだろうか

 

 

 

夢や目標というのは

 

「今の自分にはできていないから」

という不足感や劣等感から来ることが多い

 

 

 

 

もっとお金が欲しい

(つまり今の自分はお金がない)

 

 

もっとコミュニティーを大きくしたい

(つまり今のコミュニティーは小さい)

 

 

もっと優秀な部下が欲しい

(つまり今の部下は優秀ではない)

 

 

 

この(   )の部分が心の中に少しでもあれば

現実はその(   )を創り出してくれるのである

 

 

 

 

では、どう思い、どう行動すればいいのか

 

 

 

 

 

 

もっとお金が欲しい

(つまり今の自分はお金がない)

 

ではなく

 

今のお金で充分暮らせます、幸せです、ありがとうございます

(昔に比べたら、随分とお金に余裕ができたなぁ〜ありがたいなぁ)

 

 

 

 

 

 

もっとコミュニティーを大きくしたい

(つまり今のコミュニティーは小さい)

 

ではなく

 

今のコミュニティーはなんて素晴らしいんだ、みんなに感謝だなぁ

(過去の自分ではこんな風になるなんて、想像もしなかったなぁ〜ありがたいなぁ)

 

 

 

 

 

 

もっと優秀な部下が欲しい

(つまり今の部下は優秀ではない)

 

ではなく

 

今の部下はよく頑張っている、こんなに動いてくれて興味を持ってくれて

ありがたいなぁ

(部下がいることで自分の収入も上がるのか、なんて素晴らしいのだ)

 

 

 

 

わかって頂けただろうか

 

 

前者は不足感や劣等感だが

 

後者は満足感、充実感である

 

 

 

 

 

さぁ、ここであなたは「部下」になった気分で考えて欲しい

 

 

 

前者、後者、どちらのリーダー、先輩についていくだろうか?

 

前者、後者、どちらのコミュニティーに入りたいだろうか?

 

前者、後者、どちらの人間が成功するだろうか?

 

前者、後者、どちらの人間が収入が高いだろうか?

 

 

 

もう言わずとも、答えは出ている思う

 

 

 

 

今の自分をそのまま認めるということが

いかに大事かわかって頂けただろうか

 

 

 

これでいい、ありがたい

これでいい、感謝だなぁ

 

 

その気持ちや心構えは言わずとも

周りの人間に伝染するものである

 

 

 

そしていつのまにか

周りに応援され、

愛され、思いが実現化する

 

 

 

 

 

 

これが世の中の見えない法則

 

引き寄せの法則

宇宙の法則

鏡の法則

 

なんとでも言えばいい、そういうことである

 

 

 

 

 

あなたに「夢」「目標」があるのなら

不足感や劣等感ばかりで追いかけてはならない

 

いつかは「ありがとう」という感謝の気持ちで歯車を回していって欲しい

 

 

不足感や劣等感の歯車はガタガタしていて

前に進めたとしても、よく転ぶのだ

まっすぐに進むことも難しい

 

 

充実感や満足感の感謝の歯車は

すぃーっとスムーズに前に進む

 

 

 

 

 

 

 

まず大前提に

 

「自分はうまくいっている、順調である」

「自分は愛されて、支えられている」

 

と、心の底から腹の底から思わないといけない

 

 

 

 

これの意味がわかっただろうか

 

 

 

ぜひ今日から自分を認めていって欲しい

 

これでいい、これでいいんだと

 

 

 

 

 

 

愛されながらビジネスをするのは、とても心地いいのだ

 

あなたも今日から、愛される覚悟、していこう

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170310163535j:plain

 

 

【プロフィール】

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます