ろく先生の辛口起業論

起業5年目、29歳、世界中に生徒を持つパティシエYouTuber。世の中の起業ブームに物申す。起業はゴールじゃない、ただの手段だ。

動画流行ってるからやってみようかな〜!って思ってる連中に物申す。

なんだなんだ。最近、ようやく動画が流行ってきたのか。

Facebookを開くと、動画をしている人を多く見かけます。

 

YouTuberとして約2年、YouTubeでご飯を食べて約2年

動画を研究し続けて、毎週2本生放送して早2年、、、

 

 

自分で言うのもなんですが

 

動画配信では誰にも負けません!!

 

クスッと笑えて

ためになって

90分もの放送を飽きずに見られる

 

これを毎週、生でやって飯食ってるんで

最近よく見る適当なFacebookライブを見て

 

動画舐めんなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

 

と静かに闘志を燃やしております笑

 

 

と言うことで勝手に今日は

 

動画配信の極意

 

をお話したいと思います。

 

 

視聴者の心を掴んで離さない

番組の作り方、話し方、魅せ方

 

少しだけ公開します

 

 

 

 

動画配信の極意

 

その1

「適当に配信するな!プロ意識を持て」

視聴者の皆さんは、自分の時間を割いてわざわざ見てくださっています。

私たちは演者です。楽しませる、へぇ〜って思わせる、見てよかった!って思わせるのは当然のことです。

 

暇だから、なんか放送したい気分だから、なんてやるのはプロではないのです。

必ず「視聴者目線に立つ」こと!

喋りながらも、視聴者が何を望んでいるかを考えて表現する。

自分はあと、とにかく視聴者を意識して動画を撮るのが最優先です。

 

 

その2

「絵面考えてる!?人は見た目が100パーセント」

正直言います。絵面が汚い人は動画配信しないほうがいいです。

視聴者が苦痛です。知ってる人ならまだしも、初対面で好きでもない顔を何時間も見るのはストレスです。

 

なんでそんなにハッキリ言うかというと、

私も動画のために、300万くらいかけて歯と歯茎の治療をしました。

だって、絵面が汚いんだもの。笑った時に歯が汚いと、見てらんない。

芸能人は歯が命って言うでしょ。それと同じです。

 

動画配信する前には鏡で顔をチェックするのはもちろん

メイク直し、髪型のセット、照明、そして一番大事な

「笑顔の練習」をしてから本番に向かいます。

 

視聴者の皆さんが気持ちよく見られるよう、常に自分ではなく

他人からどう見られるかを意識することが一番大事です。

 

 

その3

「アドリブ放送やめろ。脚本書けよ!」

 

今は私も台本や脚本を書かなくなりましたが、昔はセットリストのように

細かく決めてのぞんでいました。ここでこれを話す、ここでこれを見せる。飽きさせないポイントをいくつも散りばめて脚本を作っていました。

だらだら放送するのは視聴者も見てて飽きます。

 

起承転結のように、

 

始まりはテンションを上げてワクワクさせること

そしてなるほど〜と思わせる内容をお届けして

え!そうなの!?と一つアクションを入れ

最後に総括。そして次回予告でさらにテンションを上げさせる

 

ジェットコースターのようにドキドキ、ワクワクがないと

動画なんて飽きちゃいます。

 

いかに離脱率を減らすか、再生時間を伸ばすか

何がいけないのか、どこが面白くなかったのか

それを毎回研究して「脚本」を作るのです

 

慣れれば「脚本」が頭の中でできるようになって

アドリブの放送でも面白くできますよ。

何度も練習して、常に視聴者目線で番組を作ることにフォーカスしましょう。

 

 

その4

「放送事故!?絶対に間を作らない!!」

 

生放送あるある。視聴者の皆さんからのコメントが止まるor少なくなる瞬間があります。例えばその時「ちょっと待ちたいと思いま〜〜す」

これ、本当やめてね!!見ている側は「なんのためにもならない時間」だから!!

 

絶対に喋り続ける!次のアクションまでの繋ぎのトーク術!!

 

「今、何を求められているか」」

「自分が視聴者だったら、何を話して欲しいか」

「さっきまでの話で言い残したことはないか」

 

これを瞬時に頭で考えて話を繋ぐ

「間」は「死」です。「放送事故」です。

3秒以上の「間」を作ってはいけません。

 

 

 

その5

「スタッフいじり、視聴者いじりで番組に一体感を持たせる」

 

番組が育ってくると、視聴者は「お決まりのトーク」にいつもワクワクしています

関西の人ならわかると思いますが「吉本新喜劇」ありますよね

いつ見ても同じネタなのに「来るか、来るか、来たぁぁぁ〜〜!」ってのがあります。あれ、視聴者の皆さん味わいたいんですよ、楽しみにしてるんですよ。

 

なので番組独自の挨拶や、スタッフをキャラクターとして確立させて

おもしろ可笑しく参加させたりとか

 

視聴者でヘビーユーザーなら面白いあだ名をつけて紹介してみる

内輪でしかわからない話を楽しそうにする

 

そうすることによって

「私たちにしかわからない秘密の空間」ができて

それ共有して、楽しんで、離れたくても離れない心地よさがお届けできるのです

 

 

 

 

 

 

 

以上。

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

だいぶ、熱くなってしまいました、、、笑

 

いかがだったでしょうか?

 

これはほんの序章に過ぎません。

全体の1パーセントくらいです。笑

 

 

 

動画って本当に可能性の塊です

文字で人を動かすより、動画の方が簡単です

人物が動くので信用度合いも全然違います

 

なのでこれからきっと、どんどん動画配信者が増えることでしょう

 

動画戦国時代になるのも時間の問題でしょう

 

 

何度も言いますが

ビジネスは流行ってからやるのじゃ、遅いんですよね。

 

 

流行る前にやって、

流行ってる時には「先駆者」と呼ばれ

みんながやりだした頃には

「次のビジネス」に参入する

 

これに尽きます。

 

起業家の皆さん

 

動画、オススメですよ。

というか動画できないとこの先生き残れないと思います。

 

よっぽどの才能がない限り。

 

 

 

一緒に鍛えていきましょうね

応援しています

 

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170603234246j:plain

 

YouTuberのChisaさんとのタイ旅行

恋ダンス動画で220万再生の実力者です。

 

彼女の放送、超面白いよ。可愛いし、変だし、ためになるし笑

 

ちなみに私の放送は「オタク放送」です。

一部のファンにしか受けませんので悪しからず。

 

 

 

セミナー情報や、最新情報を知りたい方はこちらまで 

藤六 愛 公式LINE 

https://line.me/R/ti/p/%40ekm8244y

見つからない場合は @ekm8244y で検索

 

6月12〜16日、東京でひと暴れします