ろく先生の辛口起業論

起業5年目、29歳、世界中に生徒を持つパティシエYouTuber。世の中の起業ブームに物申す。起業はゴールじゃない、ただの手段だ。

絶対にマネはしないでください。〜ビジネス異端児の生き方〜

正直に話そう。

私は社会不適合者である。

 

会社では働けない、組織やチームが苦手。

誰かに指示されるのが大嫌いで、なんでも一人で自由にやりたいタイプ。

 

きっとこのブログを読んでくれているということは

どこかで共感を得てくれていると思う。

 

 

 

「人に合わせたくない、自由に生きたい」

 

 

 

起業するほとんどの人が、こういうタイプが多いと思うが

私はさらにそれを拗らせている自信がある。

 

 

相手が実力者ほど噛みつきたい。物にしたい。

記憶が得意で、他人の発言を全て記憶する能力がある。

(何月何日の何時頃、私に対してこういう発言をした。など)

悲しみや怒りが最大のパワーになる。

 

 

とまぁ、意外と野心が溢れているのである

(実際これくらいないと、生き残れない)

 

 

 

へりくだりながらも、どうやったらコイツを倒せる?なんて

いつも下克上の仕方を考えている

 

 

実際に私の働いていたパティシエ業界はまさに下克上の世界だった

 

新人だろうが、シェフに認められたり、何か賞を取れば先輩と入れ替われる

敬語だって使わなくていい、ある日突然タメ口になるのだ(笑)

 

縦社会といいつつも実力さえあればいつでも下克上は可能だ

 

 

だからずっと狙っていた。王座を。

虐げられていた毎日から脱出したかった

 

 

そのために私がやったことを今日はここで話したいと思う

 

 

私からの提案

「素人がプロに勝つ方法」

 

トップに立つ、何か成功を収めるのには大抵ルールというものが存在する

 

守破離

 

先生の言うことを守って聞いて、それを少しずつオリジナルに変える

ビジネスにおいてのゴールデンルールだ

 

今日はこの方法を完全無視しようと思う

 

 

完全に私の主観なので、合う、合わないがあると思うが

とりあえず語らせて欲しい

 

そして何か参考になれば幸いだ

 

 

 

まず初めにやること

 

・プロが使うゴールデンルールを把握し

それを全力で裏切る

 

こうやったら成功するよ、こうすれば楽チンだよ

このルールは正直簡単で言われたままやると確かに成功するが

所詮二番煎じ。おもしろくない。というか異端児、コレ、デキナイ。笑

 

ルールというものを押し付けられると急に失速するのが異端児、そう我ら。

だったら最初からしなくていいのだ。

 

2年前、私は当時の経営の先生が反対した「オンラインお菓子教室」を作った。

流行らないよ、そんなの、だって聞いたことないし。難しいと思うよ〜

と言われたが、流行った。しかも短期間で。

 

この時思った

 

「自分を信じてよかった」

 

結局「自信」が「商品」に繋がるから

その「自信」を喪失するくらいなら「商品」売らなくていい

やらなくていいのだ

 

自分が最高と思えるやり方で進めばいい、それだけだ

 

(ただし、教えてくれる先輩をなくします。路頭に迷う時もあります。ですが楽しくビジネスできます)

 

 

 

異端児はどこにいっても馴染めないから、こういう方法しか取れないのだ

普通の人はできるだけルールにのっとって欲しい

 

 

正直、手探り戦法は痛みが伴う

でもそれがたまらなく気持ちいいのだ

この痛さの先に何があるんだろう〜〜

あぁ〜難しい〜でも面白い〜〜

 

まぁ、ど変態異端児だから仕方ない、嘲笑って欲しい

 

 

 

次。

 

 

 

・成功者と正反対のことをする

 

例えばメルマガ。私は反対にLINEを駆使する。

例えばskype、zoom。私は反対にYouTubeLiveを駆使する。

例えばリアルセミナー。私は反対にオンラインで世界を相手する。

例えば資料。私は全てアドリブ、あえて何も用意しない。

 

異端児は人と同じことを極端に嫌う。

昔、学生時代にアニメ、ワン◯ースが流行ったことがあった。

絶対に見なかった。どれだけ面白いよって勧められても見るもんか!って思っていた(笑)

 

それくらいみんながしていることに嫌気がさしてたまらないのだ。

そしてそれを裏切っている時に、かなり気持ちがいい。

あぁ〜私、やっぱり変態だわ〜〜

 

ボッチが最高に気持ちいいのだ

そうすることで結果、精神状態が安定し、アイディアも生まれ、なんかわかんないうちに成功している

そういうゾーンの状態に入るのだ

 

ゾーンに入ればこっちのもの

思ったものが全て手に入る

 

 

 

 

 

 

・異端児、変態を集める

 

世の中には私のように変わった人間が沢山いる

その人たちの特徴は「浮いている」「個性が強い」「ファンが熱狂的」

 

「この人に何言っても聞かないわ」って周りが呆れている

 

こういう人が経営者で爆走してるタイプの異端児なら

ぜひ一緒に仕事を組んだ方がいい

 

強烈な価値観と、拗らせたこだわり、誰もが発想しないようなアイディアが混ざることで「とんでもない商品」「とんでもないビジネスプラン」が生まれたりするのだ

 

結局プロに勝つためには「斬新なアイディア」が必要である

この人にしかできない、真似できない

そう思わせると「一人勝ち」できるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、このブログを読んでいる私の先輩方が見ると

かなり引くような内容を書いてしまったのだが

後悔はしていない(笑)

 

もう隠せない。ポロリしちゃったのである。

 

 

 

読者の皆さん、何か参考になっただろうか

勇気が持てただろうか

 

 

結局、他人軸で生きるのはつまんないよねって話をしたいだけかもしれない

 

せっかく起業したのだから、皆さんには自分をもっと大切に生きて欲しい

息苦しい、辛い、やりたくない、聞きたくないのなら、もうそれでいいじゃない

 

 

他人の言葉通り生きるのは簡単だけど

それって本当の自分かい??

 

 

私は何を言われようが、もう自分の道を進むって決めたらから

こうやって馬鹿みたいに心を素っ裸にしてブログを書いている

 

 

自分を大切にできない奴が

他人を大切になんてできない

 

 

 

だから私は私の道を生きようと思う

誰が、なんと、言おうとも。

 

 

 

共感をしてくれた変態で異端児の皆さん

一緒に頑張りましょうね

 

傷だらけになっても、舐め合いっこしてあげる(笑)

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20170225152321j:plain

 

 

異端児は家を建てません。

だって、みんなが夢のマイホームっていうから。被るの嫌だから。

(よし、一生ヤドカリ生活にしよう)

 

異端児は値札を見ません。

車はシートとお尻のフィット具合で買います。

そして後で値段見て焦りますwww

(ヤッベーーー高っけーーーー)

 

異端児は変な友達が大好きです。

一癖も二癖もある人、常人では理解できない人がたまらなく好きです。

(だからオタクが多い)

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

藤六 愛 公式LINE 

https://line.me/R/ti/p/%40ekm8244y

見つからない場合は @ekm8244y で検索

 

 

最新情報知りたい方はこちらまでどうぞ

 

6月12日〜16日まで東京います

セミナー三昧です

参加方法など詳しくは公式LINEにて