ろく先生の辛口起業論

起業5年目、29歳、世界中に生徒を持つパティシエYouTuber。世の中の起業ブームに物申す。起業はゴールじゃない、ただの手段だ。

偽名活動、顔出しせずにビジネス?笑わせるな!だからお前は稼げないんだよ!

いつまでも稼げない

ビジネス始めたのに、なかなか売上が伸びない

やりたい気持ちはあるけど、熱が続かない

 

 

 

そんなあなた

 

 

はっきり言いましょう

 

 

 

 

あなたには覚悟がない

あなたには器がない

人としての器が小さい

 

 

 

 

人間としての器が小さい人は

お金も人も、寄ってこない

 

だって受け入れられるキャパが小さいから

 

 

集客ができない?

違う、あなたの器が小さいだけ

 

 

お金が稼げない?

違う、あなたの器が小さいだけ

 

 

 

 

いつも先頭を走ってて輝いている人って

 

ものすごい数の賞賛と

ものすごい数の批判を

受け入れている

 

 

 

 

 

 

時代の先駆者ってのはいつもそうだ

 

あのスティーブジョブズだってそう

 

 

 

まだ社会が見たことも聞いたこともないものを

世の中のためになるものを創る

 

 

そのために会社を立ち上げた

 

 

しかし、彼は理解されなかった

 

 

 

自分が集めた仲間に反対され

自分の会社を追い出された

 

 

でも、彼はくじけなかった

 

彼は信念を貫き通した

 

 

 

まだ見たことのない未来を創造すること

自分の夢を諦めなかった

 

彼は、自分自身を裏切らなかった

彼は、自分との約束を守った

 

 

 

 

 

そうしてこの世に

 

iPhoneが生まれた

 

 

 

 

 

 

批判と賞賛は同じ数だけある

 

はじめは批判だらけかもしれない

 

 

でもどうだろう

 

 

あなたはこのブログ、何で見ている?

きっと多くのユーザーがiPhoneだろう

 

 

このiPhoneで世界中のどれだけの人が救われた?

 

 

 

たった一人の人間が決めた覚悟

貫き通した信念

それがものすごい社会貢献となっているじゃないか

 

 

 

 

理解されなかったかもしれないが

信じた者も大勢いる

 

そして救われた者はもっと大勢いる

 

 

 

 

 

 

 

いつだって先駆者は変わり者だ

理解されない

 

いつも人とは違う行動を取るし

 

みんながやらないことを率先してやる

 

危険な道だって平気で渡る

 

 

普通の人が見たら、ただ危なっかしいだけだろう

 

 

 

 

でも彼の目には眩しい未来が見えている

 

 

今にも崩れそうな橋の向こう側には

 

誰も見たことのないオアシスがある

 

 

 

直感でわかっているのだ

 

 

 

 

それを信じてついてこれた者だけがオアシスに辿りつける

 

 

 

途中で橋が崩れるかもしれない

途中で獣に会うかもしれない

 

 

 

それでもいい

傷つくことがあるのは重々承知だ

 

オアシスに行くって決めたんだから

何が何でもやり遂げる

 

 

 

 

一度決めたことを曲げないこと

信念を貫き徹すこと

これが先頭を走る者の極意だ

 

 

 

きっと後ろを着いて行く人はこういうだろう

「なんでこんな道ばっかり」「危ないからやめよう!」

 

しかし注意しても無駄だ

 

 

 

 

未来を生きる人間に

今を見ることはできない

 

 

 

自転車だってそうだろう

車だってそう

 

遠くを見て運転するから進むのだ

 

真下ばかり見ていては前に進まない

 

 

 

未来を創造する

未来を生きる

 

 

それは自分を信じて、信念を貫き通すこと

 

たくさんの仲間を引き連れて引っ張って行くリーダー

あなたには、その覚悟があるだろうか?

 

 

仲間が傷ついて「お前のせいだ!」と言っても

前に進み続ける覚悟はあるだろうか

 

 

 

仲間が傷つかないように

まずは自分でチャレンジすること

 

 

先頭に立って、火の輪をくぐり続けること

あなたにはできるだろうか?

 

 

 

 

それがリーダーだ

先駆者だ

そしてそれこそが

 

 

人間の器だ

 

 

 

 

出来ないのなら、引っ込んでいてほしい

 

 

 

 

先駆者やリーダーはいつだってそう

 

自分が傷つく覚悟で前に進み

後ろを信じてついてきてくれる仲間に

少しでも利益が出るように

 

信じて

 

信じて

 

 

やり続けている

 

 

 

 

例え、理解されなくても

 

例え、反対されても

 

 

 

 

自分と仲間だけは

 

絶対に

 

絶対に裏切らない!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その覚悟と想いの総量が

あなたという人間の器の大きさになる

 

 

つまりビジネスでうまく行く人

集客ができて、自分で稼ぐことができる人である

器の大きさが、集められる人の数とお金の数だ

 

 

 

 

 

 

 

人にどう思われるかな?

 

周りの人がやってないし、やめとこうかな

 

もし、何かあった時に責任取りたくないし

 

 

 

 

 

そんな人にリーダーはできない

 

時代を切り開く先駆者、リーダーは好んで責任を取りに行く

 

だからこそ、まだ誰も味わったことのない

 

たことも聞いたこともない幸せを

 

いち早く仲間に届けられるのである

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスを偽名で活動している人

顔出しせずに他人にやってもらっている人を批判しているわけじゃないが

 

 

そういう人は結局二番煎じだ

 

 

一番にはなれない

 

 

 

 

 

逃げも隠れもしていない人が稼げているのは当然だ

 

 

 

だって、覚悟の量が違う

 

人間としての器が違う

 

 

 

 

コソコソしている連中

 

自分の損得ばかり考えている連中

 

そんな人、誰がついて行きたいと思う?

 

 

 

 

稼ぎたい、ビジネスうまくいきたい

お金ほしい、集客できるようになりたい

 

 

 

そう願うのなら覚悟をしなさい

 

 

 

後ろ指刺されてもいい覚悟

仲間を面倒見る覚悟

先頭を切って歩み続ける覚悟

 

 

 

できないのなら、もう諦めなさい

 

そういう人はリーダーの後ろを黙ってついていけばいい

 

 

 

先頭を歩く勇気がないのに

リーダーになる覚悟がないのに

口出すことは禁止です

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブジョブズが亡くなって5年

 

彼は死んでもなお、私たちに影響を与え

 

iPhoneという素晴らしい財産を残していきました

 

 

 

私もそんな人でありたい

 

 

 

きっと彼と同じ運命であろうことは

とっくの昔に覚悟できている

 

 

新しいものが大好きで

この世にないサービスを創るのが好きで

誰もがやらないことを率先してやる

 

 

理解されない

批判される

責任だらけの人生

 

ミスは許されない

 

 

 

 

それでもいい

 

私が時代を切り開く

 

 

 

 

私は私を裏切らない

 

そう決めたんだから

 

 

誰に何を言われようとも

 

信じたことを貫き通す

 

 

 

自分に嘘つくなんて死んだ方がマシだ!!

 

 

 

 

 

 

 

ついてこれる人だけ、ついて来たらいい

 

文句があるんなら、ついて来なくていい

 

 

 

 

その代わり

 

一生指くわえて見てろ

 

いいな

 

 

 

 

 

 

自分と仲間は絶対に裏切らない!!

 

 

例え他人に裏切られようとも、また別の道を考えればいい

 

全ては自己責任だ

 

 

 

それがリーダーであり先駆者である

 

 

 

f:id:fujiroku-ai:20171018143524j:plain

 

株式会社ウィステリア代表取締役社長
藤六 愛(ふじろく あい)
1987年11月12日生まれ

お菓子教室とパンの教室「ろくキッチン」
インターネット教室「ろくキッチン放送局」
ビジネス塾「ビジネスパートナーズ」
を経営する

 

ビジネスに関してのお話はこちらから
ろく先生の本気で起業メルマガ
登録は無料です
https://lobster-ex.com/rg/18657/21/

 

 

お菓子とパン作りに関してはこちらから
ろく先生が教えるオンラインお菓子教室
ろくキッチン放送局公式メルマガ 登録はこちら!
https://lobster-ex.com/rg/18657/22/
楽しい美味しいレッスン動画が送られてきます